ノンバンクで断られた場合、お金を借りる他の方法について

ノンバンクで断られた経営者の方にその他の資金調達方法をご案内します。

やはり、商売をするのには非常にお金がかかります。お金が足りなくなってしまうと、商売への前向きな気持ちが次第に無くなってしまうものです。

お金の面で負の気持ちを払拭するためにも、他の借りる方法を探さなければいけないでしょうから、ご案内します。

断られた理由を明確に

まず、ノンバンクで融資を断られた理由について考えていただければと思います。その理由を考えないことには前には進めません。

7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_s

「クレジットカードの延滞をしていてブラックリスト入りしてしまっている・・・」
「資金計画が詰め切れておらず、曖昧な返済計画だった・・・」
「お金を今まで借りすぎていて、首が回らない状態・・・」

色々な理由があるかもしれません。「教えてくれれば良いのに・・・」と思われるかもしれませんが、それは難しいかもしれません。

私は元々銀行で融資業務をしていたので分かるのですが、基本的に金融機関は融資を断った理由を説明しません。それは融資判断を公にすることにもなるからです。断る理由になっていない理由(?)として「総合的な判断でお断りします」という文句を使ったりします。

金融機関が教えてくれないのであれば、以下のポイントからノンバンクで断られた理由を考えてみてください。

◯お金の使い途は明確なのか
◯今まで借入した金額が多すぎるのではないか
◯事業計画はしっかりしたものであるのか
◯ブラックリスト入りしてしまっていないか

断られた理由が見当たらない場合

私が銀行で住宅ローンの融資業務に携わっている時、奇妙なことがありました。ある大手企業に勤務していて、自己資金も潤沢な方が何故か住宅ローンの審査に落ちてしまいました。

色々理由を調べていると、驚きの理由がありました。それは昔契約したクレジットカードの年会費を払い忘れてしまっていたというものでした。引っ越しもして、銀行口座も変えてしまっていたために起こった悲劇でした。

これは、実はご自分が知らない間にブラックリスト入りをしてしまっていたケースです。何か必ず理由があるはずです。場合によっては信用情報機関に問い合わせをすることも検討してみましょう。

他の借入方法について

ノンバンクで断られてしまった場合に考えられうる借入方法をご紹介します。

◯ビジネスローン
◯不動産担保ローン
◯ファクタリング

などの方法です。当サイトではファクタリングについての解説などを中心に行っています。どのようなものなのか簡単にご説明すると、「売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達をする方法のこと」です。

ファクタリングについて知りたい方は当サイトの関連記事をご覧になられてみて下さい。銀行やノンバンクなどの金融機関から断られた方でも資金調達が出来ます。

tegatakasituke

また、実際にファクタリングが利用できるかどうか、無料で簡単に診断してくれる「資金調達プロ」というサイトを最後にご紹介します。

既に1万社以上が利用した実績のあるサイトなので安心できます。また、全国1,000社以上のファクタリング会社と提携をしているため、御社に最適なファクタリング会社を紹介してくれます。

サイトでたった10秒ほどの入力をすれば無料診断が完了します。ご興味があれば下記広告をクリックして、無料診断をしてみて下さい。

ちなみに、サイトへの入力完了後、「資金調達プロ」のサポートセンタースタッフから電話でヒアリングがあり、仮にファクタリングが利用できるのであれば御社に最適なファクタリング会社を無料で紹介してくれます。

御社の資金調達が上手く行けば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ