ファクタリングの手数料の相場について

ファクタリングの利用を検討される際、気になるのはやはり費用です。借り入れではないので、金利はかかりませんが、その分手数料がかかります。

今回はファクタリングの手数料の相場についてご説明します。

手数料はファクタリング会社によって異なる

dd67a2502c58a8e6cef39cf088714efb_s

売掛債権の買取をファクタリング会社へ依頼し、実際に買取を行ってもらうと、売掛金のうちの何割かが手数料としてが差し引かれ、現金化します。このようなファクタリング会社へ支払う手数料は実は会社によって異なります。

やはり、費用ですので、少しでも手数料が安い方が良いと考える方が多いです。しかし、手数料が安すぎるが故に利用するまでの時間がかかってしまいます。一方で、手数料が仮に高かったとしても、申し込みから資金調達をするまでの期間が早くなることもあります。

そのため、ファクタリングの手数料の相場についてお伝えし、参考にして下さい。

ファクタリングの手数料の相場について

ファクタリングには2つの契約形態があります。それは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。この2つの契約形態があるために手数料の相場が非常にわかりづらくなっている面があります。

一般的に、売掛金の5~20%前後がファクタリング会社に支払わなければならないの手数料の相場です。しかし、契約形態によっても異なります。

契約形態やサービス内容によって手数料も変わる

例えば、2社間ファクタリングであれば、ファクタリング会社が売掛金を回収するリスクが高まります。何故なら、ファクタリング会社が資金を回収する相手が売掛先企業ではなく、利用者になるからです。そのため、手数料は高めの相場となります。

しかし、2社間ファクタリング取引は売掛債権の現金化までの時間は短縮出来ます。また、売掛債権の債権譲渡登記を公開をするファクタリング会社と非公開にするファクタリング会社もあり、サービスが異なります。

サービスが違えば、手数料も異なるのです。そのため、一概に手数料が幾らかかるということが明示できない現実もあるのです。

手数料が高い3社間ファクタリングですが、この契約形態は取引先にファクタリングを利用するという情報が知られない方法です。そのため、若干手数料が高かったとしても構わないという経営者の方もいらっしゃいます。

やはり、オーダーメイドの部分もありますので、御社のご希望に合わせたファクタリング会社を見つけて、取引を開始することが大切なのです。

最後に

ファクタリングの手数料についてご説明しました。サイトだけではなく、実際に手数料に関する説明をきちんとするファクタリング会社を見つけ、ご心配されていらっしゃる事を直接聞くことが重要です。

しかし、条件面を含めて、御社に最適なファクタリング会社を探すのは非常に大変です。そのため、「資金調達プロ」というサイトを活用して最適なファクタリング会社を紹介してもらうことをおすすめしています。

資金調達プロは、既に1万社以上が利用したサイトで、御社の情報や売掛金の額等を入力すればたったの10秒で御社に最も適したファクタリング会社を紹介してくれます。

全国にあるファクタリング会社1000社以上と連携をしています。スピーディーな対応にも定評があります。

資金繰り改善率は93%とうたっていますので、安心出来ます。

※資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は下記広告をクリックし、無料診断をされてみてください。広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがありますのでご安心してください。

サポートセンタースタッフに具体的にファクタリングの手数料の相場などについてもヒアリングされてみてください。

まずは無料で試すのも悪くはなさそうです。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。御社の資金調達が成功することを祈っています。

 

One Response to “ファクタリングの手数料の相場について”

  1. […] 参考記事:http://事業資金調達.jp/archives/952 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ