お金が底をついた時に借り入れ出来ない時はファクタリングが有効?

資金が不足してしまったとしても、会社を存続させるためには資金が必要です。銀行からの融資やノンバンクからの融資も断られてしまう場合もあるかもしれません。

お金が底をついた時、借り入れが出来なくてもファクタリングを活用すれば資金調達出来る可能性があります。以下で詳しくご説明します。

お金が底をついた理由について

2c86bd13ba3e0b8458b15c826060a5e0_s
資金ショートの状態になった原因をまずは突き止める必要があるかもしれません。まず、そのようなお金が底をついた状態を改善しなければ、資金調達に成功したとしてもまた同じように資金不足になってしまうからです。

関連記事:資金ショートで倒産を防ぐ1つの方法はファクタリング

こちらの記事と被る点も多くありますが、改めて資金不足になる理由をご説明します。

1.支払いのタイミングが入金のタイミングよりも早い

支払いが早く、入金が遅い場合は資金不足になります。運転資金が常に必要な状況ということです。

運転資金を算出する計算式は以下です。

売上債権(売掛金+受取手形)+棚卸資産-買入債務(買掛金+支払手形)=経常運転資金

この算出式を見ていただけたら、運転資金が増える理由は「売上債権」や「棚卸資産」が増えることと、「買入債務」が減少することであることが分かります。

支払いが早い場合は買入債務の減少のスピードが早くなることになります。そのため、運転資金が増えてしまい資金繰りがきつくなります。一方、入金が遅い場合は売上債権や棚卸資産が増えることになるので、運転資金が増えます。

2.売上減少し支出が増加すること

売上が減少して支出が増加してしまえば、資金繰りが厳しくなるのは明白です。

以上のような状態が長く続いたり、また、裁判沙汰などが起きて突然の損害賠償請求などに対応しなければいけなくなってしまった場合に、資金不足が起きてしまい、お金が底をついたような状態になってしまいます。

お金が足りない時こそ借り入れが出来ない?

d44461e38ebf5edd6b02774fef3840ad_s

「銀行は晴れたとき(業績が良い時)は傘を貸す(お金を貸す)のに、雨が降った時(業績が苦しい時)は傘を貸さない(お金を貸さない)」と良く言われています。一世を風靡したドラマ『半沢直樹』でもそのようなセリフがありました。

お金が底をついた状態とは資金繰りが厳しく、借りたお金を返済する能力が低下していると言えます。そうなると、銀行としてはやはり返済する見込みがない企業にお金を貸して、返済されないことを懸念します。

銀行はお金が返せる企業(違う言い方をするとお金が必要がない資金が潤沢になる企業)にお金を貸して、安全な利息収益を得ようとします。

だからこそ、本当に困った時に企業はお金を銀行から借りるのが難しくなってしまいます。

ノンバンクも基本的には、不動産担保余力や経営者個人の信用情報などを重視します。そのため、困っている状態の企業にはなかなかお金を貸し出せない事情があります。

しかし、お金が底をついた時こそ役に立つ資金調達方法があります。それがファクタリングです。

ファクタリングは売掛債権を減少させるため運転資金を減少できる

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。そのため、運転資金が減少します。

※先ほど記載しましたが、もう一度運転資金の計算式を記載します。

売上債権(売掛金+受取手形)+棚卸資産-買入債務(買掛金+支払手形)=経常運転資金

こちらの式を参照すると、売掛債権を買い取って現金化出来るため、ファクタリング利用後は売掛債権が減少します。そのため、経常運転資金が減少するため、必要性のある運転資金が減少します。

資金繰りに苦しみ、お金が底をついてしまう中小企業にとって、運転資金が減少することはファクタリングを活用する大きなメリットです。

デメリットがあるとしたら、ファクタリング会社に支払う手数料が高くなりすぎて、本来入金される時期まで待てば入金される売上代金がかなり目減りして入金され、資金繰りが苦しくなる点です。

ファクタリング会社の中には悪徳業者もいますが、優良なファクタリング会社と取引をすることでそのデメリットは解消されると言えるでしょう。

それ以外のファクタリングのデメリットについて知りたい方はこちらの記事「ファクタリングのメリットとデメリットについて」をご覧いただけたらと思います。

借り入れが出来ない時こそファクタリングが有効な理由

また、ファクタリングは売掛先企業の与信状況が重要です。何故なら、利用者の売掛債権を買い取るファクタリング会社は、仮に買い取った後にその売掛先が破綻してしまえば、そのリスクを全て背負うからです。

そのため、裏を返せば利用者が銀行やノンバンクから借り入れ出来ない状況であればあるほど、ファクタリングを検討した方が資金調達出来る可能性が高くなるということです。

悪徳業者に出会わないという点が最も気をつけたいところです。

そんな時はファクタリングの活用を検討される方は資金調達プロというサイトで、ファクタリングが利用出来るかどうかの無料診断を活用するのも手段の一つです。そもそも資金調達プロ経由でファクタリング会社を探せば悪徳業者に出会うこともありませんから安心できます。

資金調達プロは、既に1万社以上が利用したサイトで、御社の情報や売掛金の額等を入力すればたったの10秒で御社に最も適したファクタリング会社を紹介してくれます。

全国にあるファクタリング会社1000社以上と連携をしています。そのため、スピーディーな対応にも定評があります。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

※資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は下記広告をクリックし、無料診断をされてみてください。広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがありますのでご安心してください。

丁寧なサポートセンタースタッフの方に相談をすれば、前向きな提案をしていただけます。

まずは無料で試すのも悪くはなさそうです。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

最後までお読みいただきありがとうございました。御社の資金調達が上手くいけば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ