ノンバンクの審査に落ちた時はファクタリングなら調達可能?

銀行への融資申込で残念ながら断られてしまったら、ノンバンクの審査に申し込む方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それでも審査が否決される場合もあります。

そんなノンバンクの審査に落ちた時は、ファクタリングを検討してみるのも手段の一つかもしれません。以下でご説明します。

ノンバンクの審査に落ちた理由

78fe4282b15cbb3b4bceb785bba717be_s
ノンバンクは所謂、消費者金融や信販会社、リース会社、ビジネスローン会社等のことです。
銀行の融資審査よりも比較的緩いことが特徴です。ノンバンクとしては銀行は融資を断るけれども、まだまだ取り組み可能な企業への融資をすることで商売を成立させています。

そんなノンバンクの審査に落ちた理由として考えられる事柄をお伝えします。

◯法人代表者個人の信用情報に傷がある場合

ノンバンクの審査では、会社代表者個人の信用情報も調べます。仮に、経営者の信用情報に過去の返済延滞や破産等の金融事故履歴が残っているのであれば、ノンバンクの審査が落ちた原因になっている可能性は十分ありえます。

銀行と比較して、ノンバンクの方が個人情報に傷がある場合でも多めにみることがあります。理由は不動産担保余力などをノンバンクの方が銀行よりも重視するからです。

やはり、破産などをしてしまっている場合はノンバンクであっても厳しいでしょう。

ちなみに、個人の信用情報が消滅するまでに最長7年程度の期間が必要になります。その期間が終了するまでは審査の申込をしない方が無難です。

◯法人自体の業歴が浅い場合

業歴はノンバンク系なら1年以上の期間なければ融資審査の承認が厳しいのが実情です。ビジネスローンを専門的に扱っているノンバンクであれば、事業計画を尊重してして融資の審査が下りる可能性もあります。

◯担保余力がない場合

ノンバンクは不動産等の担保余力を重要視する傾向があります。そのため、不動産などの資産をもたない経営者が借入申込をすると断られる可能性が高いです。

借入金額がそこまで大きくなっていない場合はノンバンクからの借入をしても問題ありませんが、すでに資金調達をしていて負債を抱えている場合は難しい可能性もあります。

以上のような理由がノンバンクの審査が落ちたものとして考えられます。それでは、それでも資金調達をする必要がある場合は、どうすれば良いのでしょうか。

今回はファクタリングを紹介させていただきます。

ファクタリングはノンバンクの審査とは違う内容が重視される

282889b44a95437ff6b2bced90236b6a_s
ファクタリングは売掛金を買い取ってもらうことで資金調達をする手法です。ファクタリングを利用出来る条件としては、毎月安定的な売掛債権を保有していることです。

利用者ももちろん審査の対象になるので、決算書などの提出をする必要があります。しかし、ファクタリング会社が最も重視するのは売掛先企業の業績です。

利用者は一旦、売掛金をファクタリング会社に売却してしまえば、売掛先企業が倒産して売掛金が回収できないリスクを負わずに済みます。しかし、ファクタリング会社は一旦買い取った売掛債権の回収リスクを負います。

そのため、ファクタリング会社にとっては売掛先企業の業績や与信情報が非常に重要なのです。

つまり、ノンバンクで審査が落ちる理由である「法人代表者個人の信用情報に傷がある場合」「法人自体の業歴が浅い場合」「担保余力がない場合」などは、そこまで重視されません。

あくまで、売掛先企業の内容が最も重要です。そのため、ノンバンクの審査に落ちた場合でもファクタリングであれば資金調達出来る可能性が高くなるのです。

ファクタリングは即日の資金調達も可能

そんなファクタリングは、即日の資金調達も可能です。気をつけたいのは悪徳業者に騙される可能性です。

そのため、適切な事務手続きを進めるファクタリング会社と必ず取引をしてください。自社に合ったファクタリング会社を見つけるためには知識も必要です。

なかなか自社で見つけるのが大変かと思いますので、ファクタリング会社を無料で紹介してくれる「資金調達プロ」というサイトを活用するのも手段の一つです。

資金調達プロは、既に1万社以上が利用したサイトで、御社の情報や売掛金の額等を入力すればたったの10秒で御社に最も適したファクタリング会社を紹介してくれます。

全国にあるファクタリング会社1000社以上と連携をしています。そのため、スピーディーな対応にも定評があります。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

※資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は下記広告をクリックし、無料診断をされてみてください。広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがありますのでご安心してください。

ノンバンクの審査で断られたとしても、ファクタリングでは審査を通過したという事例はいくらでもあります。丁寧なサポートセンタースタッフの方に相談をすれば、前向きな提案をしていただけるはずです。

毎月安定的な売掛債権を保有されている方は試しにファクタリングが利用できるかどうか診断をしても良いかもしれません。

まずは無料で試すのも悪くはなさそうです。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。御社の資金調達が成功することをお祈りしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ