ファクタリングがバランスシートへもたらす影響について

ファクタリングを利用することで貸借対照表にどのような変化があるのでしょうか。

実際に経理処理をする際の仕訳の方法を含め、ファクタリングがバランスシートへ与える影響をご説明させていただきます。

ファクタリングを利用した時の会計処理

ファクタリングを利用した際に起きる会計処理は以下の仕訳のようになります。

2016-06-23_10h16_07

詳しくはこちらの関連記事「ファクタリングの会計処理や仕訳の方法」をご覧いただけたらと思いますが、簡単に上記の仕訳をご説明します。

売掛債権をファクタリング会社に譲渡した際、売掛債権が未収入金となります。そして、その未収入金が実際に現金として入金されます。その際、ファクタリング会社へ支払う手数料として債権譲渡損が発生します。

バランスシート上では「流動資産」にあたる売掛債権がそのまま「流動資産」である未収入金となります。そして、その未収入金が「流動資産」である現金になります。

ファクタリングは負債ではありません。そのため、バランスシートが膨れ上がってしまう影響を与えることもありません。流動資産内の勘定科目が売掛債権から未収入金へ、未収入金から現金へと入れ替わることになるのです。

ファクタリングはバランスシートにとって好影響

58644e2a924cb257082cec76d9f5e098_s
売掛債権が増えすぎてしまい、資金繰りが厳しい企業にとっては、ファクタリングを利用することで売掛債権を現金化することで資金調達できますし、負債も増えません。そのため、バランスシートに好影響を及ぼします。

ただし、手数料が高いファクタリング会社であれば本来入金される現金が少なくなります。そういったケースでは資金繰りがより厳しくなる場合もありますので、高い手数料のファクタリング会社には注意しましょう。

基本的にはファクタリングは負債が増えずに資金調達が出来ますので、バランスシートには好影響なのです。

バランスシートにファクタリングが悪影響を与えないメリット

e2afce686cb2eb63d4c8bd05426bdcff_s
仮に銀行からの借入を検討していらっしゃるのであれば、基本的には負債は少ないに越したことはありません。

銀行は融資を申し込んだ企業の財務分析をする際に、キャッシュフローがプラスになるかどうかという点をチェックしています。

負債が増えすぎてしまえば、負債を返済するお金がキャッシュアウトするため、キャッシュフローがプラスからマイナスに転じてしまう可能性もあります。

その点、負債を増やさずに資金調達が出来るファクタリングを活用すれば、今後の銀行借入をする上でも負債を増やさずに済むという点でメリットがあります。

最後に

今回、ファクタリングがバランスシートに与える影響についてご説明しました。

もし、ファクタリングを活用して資金調達を検討されていらっしゃる方は資金調達プロというサイトを利用されてみてはいかがでしょうか。

資金調達プロは、既に1万社以上が利用したサイトで、御社の情報や売掛金の額等を入力すればたったの10秒で御社に最も適したファクタリング会社を紹介してくれます。

全国にあるファクタリング会社1000社以上と連携をしています。そのため、スピーディーな対応にも定評があります。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

※資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は下記広告をクリックし、無料診断をされてみてください。広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがありますのでご安心してください。

バランスシートに関する質問でも、丁寧なサポートセンタースタッフが回答してくれるようです。

そもそも無料なので、試してみるのも悪くはなさそうです。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私もこの資金調達プロというファクタリング会社紹介サイトを以前利用したことがあります。

非常に親切でしたし、紹介されたファクタリング会社もしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

御社の資金調達が上手くいくことを祈っています。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ