資金ショートで倒産を防ぐ1つの方法はファクタリング

資金不足に陥ってしまい、それが深刻な場合は倒産してしまうことも中小企業であれば十分にあり得ます。

資金ショートで倒産を防ぐ方法の1つとしてファクタリングの活用を考えてみるのも良いかもしれません。今回は企業が倒産する原因や、その対処方法としての資金調達方法をご説明します。

資金ショートの理由について

c17b3bd960f8b7e8629fa9612fc22ae0_s
資金ショートとは「資金不足」のことを意味します。企業が資金不足になってしまう原因についてまずご説明させていただきます。資金ショートの原因は以下が考えられます。

◯入金の時期が遅いこと

現金決済ができず、売掛金や受取手形などの売上債権が入金される時期が遅くなることで引き起こされてしまう問題です。

◯出金の時期が早いこと

仕入れに関する支払いが現金決済である場合や、給与支払い時期が早い場合などに引き起こされてしまう問題です。

◯売上が減少していること

競合他社の商品・サービスによる影響などマーケティングに関わる問題です。

◯支出が増えていること

採用を増やすことや仕入れの金額が増えることなどで引き起こされてしまう問題です。

資金ショートになってしまう原因として以上のような問題が考えられます。このような条件が重なった場合は、最悪、倒産してしまいかねないことになってしまいます。

どうにかして倒産を防ぐ方法を経営者の方は見つけなければなりません。当サイトでは売掛債権が多くて資金ショートが起こり、倒産してしまいそうな企業にはファクタリングで倒産を防ぐことを提案しています。

入金の時期が遅いことは資金ショートの原因の1つです。取引先に早く入金してくれとはなかなか言い難いものです。そんな状況でも、ファクタリングを活用すれば、売掛金や受取手形などの売掛債権を早ければ即日で現金化できます。

取引先に入金を早めるよう依頼をすれば、「資金繰りが厳しい」ということを露呈してしまいますし、与える印象も悪くなりかねません。

ファクタリングを活用すれば売掛債権を現金化できる

915220ac84494934e00fca68a8790899_s
ファクタリングを簡単に説明します。売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達する方法です。

聞き慣れない方にとっては「ファクタリングって何か怪しい資金調達の方法なのではないか」と心配されるかもしれません。ですが、このファクタリングは経済産業省が認めている資金調達方法ですし、欧州では一般的です。

確かに、悪徳業者などがいて、ファクタリング利用者に対して法外な手数料を請求するようなファクタリング会社もあるようです。そのような悪徳業者を避ける方法についても、当記事の最後でご案内させていただきます。

そんなファクタリングで気をつけるべき点は、悪徳業者にひっかからないこともありますが、手数料や売掛先企業に情報が知られないようにする点です。手数料は契約形態に寄って変わりますが、5~30%の範囲内です。

売掛先企業に知られないためには、2社間ファクタリングと言って、利用者とファクタリング会社との2社だけでの契約をする必要があります。しかし、この契約はファクタリング会社が資金回収を利用者からするというリスクがあり、手数料が少し高くなってしまいます。

会社の倒産を防ぐためには、手元に残る現金を増やす必要があります。そのため、ファクタリング会社へ支払う手数料はなくべく減らしたいというのが本音です。そのためには、3社間ファクタリングといって利用者・売掛先企業・ファクタリング会社の3社での契約をする必要があります。

事情を分かってくれる売掛先企業で、売掛債権が毎月安定的に発生するのであれば、相談することも1つの手段だと言えます。しかし、それには「ファクタリングを利用するくらい会社の資金繰りが良くない」ということを晒してしまうリスクがあります。

ちなみに、ファクタリングを活用すると早ければ即日での資金調達も可能となります。

ファクタリングの活用を検討される方は資金調達プロというサイトで、ファクタリングが利用出来るかどうかの無料診断を活用するのも手段の一つです。

資金調達プロは、既に1万社以上が利用したサイトで、御社の情報や売掛金の額等を入力すればたったの10秒で御社に最も適したファクタリング会社を紹介してくれます。

全国にあるファクタリング会社1000社以上と連携をしています。そのため、スピーディーな対応にも定評があります。

資金繰り改善率は93%とうたっていますので、安心出来ます。

※資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は下記広告をクリックし、無料診断をされてみてください。広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがありますのでご安心してください。

運転資金の借入を銀行から断られてしまった場合などの経緯を丁寧なサポートセンタースタッフの方に説明すれば、前向きな提案をいただけるかと思います。

まずは無料で試すのも悪くはなさそうです。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

倒産を防ぐためには様々な資金調達方法を知ることも大切

8ce6efa0a6b568dec92d94a47aaa3922_s
ファクタリング以外にももちろん、様々な資金調達方法があります。売掛債権が毎月安定的に発生しない企業はファクタリングを活用することは出来ません。そのため、違う方法で資金調達をする必要があります。

例えば、不動産担保ローンやビジネスローンなどです。

不動産担保ローンについて

不動産担保ローンは銀行でも行っています。不動産を担保提供する変わりに資金を調達する仕組みです。

一般的な不動産担保ローン業者よりも、銀行の方が金利が低くなる可能性が高いので、まずは取引の有る銀行があれば銀行から相談してみるのが良いでしょう。

※ 当サイトで不動産担保ローンのランキングを作っていますので、ご興味があれば「不動産担保貸付業者ランキング【全国版】」を御覧ください。

ビジネスローンについて

ビジネスローンは銀行からの融資が断られた企業や、税金が滞納しているような資金繰りに困った企業についても貸し出しをしている場合があります。

銀行系のビジネスローンは金利が低いものも多いですが、審査もある程度厳しく断られてしまう場合もあります。そんな時は、金利も約10~20%と場合によってはファクタリングよりも低く資金調達が出来る可能性もあるビジネスローンがあります。

審査も金利が比較的高いため緩いです。

そのビジネスローンについて気になる方は下記広告をクリックして、ビジネスローンの審査をし、資金ショートして破産する可能性を少しでも減らしていただけたらと思います。

ちなみに、上記ビジネスローンは個人事業主の方でも無担保で借入が出来ます。ビジネスローンについては今後別の記事で詳しい比較を出来たらと思っています。

最後に

今回、資金ショートで倒産してしまうという最悪の事態を防ぐ方法の1つとしてファクタリングをご紹介しました。

また、売掛債権がなく、ファクタリングの利用が難しい方には不動産担保ローンと比較的審査が緩いビジネスローンをご案内しました、

2 Responses to “資金ショートで倒産を防ぐ1つの方法はファクタリング”

  1. […] 関連記事:資金ショートで倒産を防ぐ1つの方法はファクタリング […]

  2. […] 関連記事:資金ショートで倒産を防ぐ1つの方法はファクタリング […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ