ファクタリングの費用について

ファクタリングを利用するかどうか迷っていらっしゃる方が気になることの1つに、必要となる費用があるかと思います。やはり、費用が高すぎるのであれば違う資金調達方法を検討したくなりますよね。

ということで、今回はファクタリングに必要な費用についてご説明します。

ファクタリングの費用

5a3051af2b9636068723b20509ed1c29_s
ファクタリングに必要な費用は大きく分けて2つあります。1つはファクタリング会社へ支払う費用、もう1つは債権譲渡登記の費用です。それぞれについてご説明します。

ファクタリング会社へ支払わなければいけない費用は、事務手数料と売掛先企業の信用度によって変わる手数料(銀行借入で言えば金利のようなもpのです。信用が低い企業ほど金利は高くなります。)となります。

事務手数料は売掛債権額の1~2%程度が一般的です。そして、売掛先企業の信用度に変わる掛目についてですが、5~30%程度の幅があります。これは契約形態によっても変化します。

ファクタリング契約の形態は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社のみが登場する契約で、3社間ファクタリングは利用者と売掛先企業とファクタリング会社の3社が登場する契約です。

関連記事:ファクタリング契約の仕組みや注意点を解説します

この2社間ファクタリングはファクタリング会社にとってリスクが高くなります。3社間ファクタリングであれば、売掛金を回収するのはファクタリング会社です。そのため、回収リスクは売掛先企業が支払わないリスクのみです。

しかし、2社間ファクタリングであれば、売掛金の資金を回収するのはあくまで利用者です。その利用者が回収した売掛金をさらにファクタリング会社が回収する必要があります。

利用者とファクタリング会社の間では集金代行契約を結びますが、もしかしたら利用者がお金を持ち逃げしてしまうというリスクがあります。

そのため、2社間ファクタリングの方が費用(事務手数料を除く)が高くなるのです。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料などの違いについては以下の図解をご覧いただけたら幸いです。

利用者の年商によっても費用や手数料は変化する

8d326c844c57e03e4ff71f6a4887c4bc_s
ファクタリングは売掛先企業の信用度が最も重要ですが、利用者の信用度が手数料に影響を与える可能性もあります。一般的な目安ですし、その時その時の状況によって手数料が変化します。そのため、なんとも言えない部分がありますが、目安として年商ベースで費用が変化するとも言われています。

初めてファクタリングを利用する場合、信用があるかどうかをファクタリング会社は見ます。その1つの目安が年商になることから、手数料も微妙に異なるのです。

2016-08-14_13h31_10

債権譲渡登記費用やファクタリング契約に必要な書類に関する費用について

ファクタリングを利用する際、債権譲渡登記がほとんどのケースで必要になります。この債権譲渡登記とは、売掛債権を利用者からファクタリング会社へ適切に譲渡するために必要になります。

その債権譲渡登記にも様々な費用が必要です。この費用については、知らない利用者が多いことやファクタリング会社の利益を増やす目的で、実際に費用を請求される時に適正ではない費用を利用者に請求するファクタリング会社もあるようです。

そのため、債権譲渡登記にかかる費用を正確に把握しておくことは、ご自身の身を守るために必要です。

実際にどのくらいの費用が必要なのでしょうか。下記を御覧ください。

2016-08-14_13h44_51

このくらいの手数料が必要だということを理解した上で、ファクタリング会社との交渉が出来れば、債権譲渡登記に関する費用について適正な相場価格ではない金額を請求されてしまうかどうかチェック出来ます。

まとめ

ファクタリングの費用を左右するのは、2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかといった契約形態と、売掛先企業の信用度、そして利用者の年商などです。

債権譲渡登記費用については水増し請求をするファクタリング会社もいる可能性があるので、注意して下さい。

ファクタリングで即日にでも資金調達をしたいと考えられるのであれば、資金調達プロというサイトを利用されてみてはいかがでしょうか。

資金調達プロは、既に1万社以上が利用したサイトで、御社の情報や売掛金の額等を入力すればたったの10秒で御社に最も適したファクタリング会社を紹介してくれます。

全国にあるファクタリング会社1000社以上と連携をしています。そのため、スピーディーな対応にも定評がありますので即日の調達にも対応できます。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

※資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は下記広告をクリックし、無料診断をされてみてください。広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがありますのでご安心してください。

どうしても気になる費用に関する質問などを、丁寧なサポートセンタースタッフに相談してみてください。丁寧に回答してくれますよ。

そもそも無料なので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私もこの資金調達プロというファクタリング会社紹介サイトを以前利用したことがあります。

非常に親切でしたし、紹介されたファクタリング会社もしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

最後までお読みいただきありがとうございました。御社の資金調達に少しでも有益な情報となれたら幸いです。

One Response to “ファクタリングの費用について”

  1. […] ※登記費用の妥当な金額が知りたい方はこちらの記事「ファクタリングの費用について」に記載しております。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ