税金滞納で融資が断られる理由とは?他の資金調達方法も案内します。

税金滞納中の場合、融資を受けられるケースが難しいのには理由があります。その理由をご説明します。また、わずかな可能性で恐縮ですが、銀行から借入をする方法もありますので、ご案内します。

比較的税金滞納中でも利用できるその他の資金調達方法についてもご説明させていただきます。

税金滞納について

72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s法人税のうち滞納されている金額がどのくらいあるのか、国税庁のHPに記載されていました。平成26年度の情報ですが、1,267億円もの金額が滞納されているようです。

私が銀行員の頃に中小企業の経営者の方とお話している時に、度々「税金が高すぎる。ちゃんと使われているかどうかも分からない税金をどうしてこんなに払わ無ければいけないのか」という話題になります。

だからこそ、税金を支払うことが出来ない中小企業も一定数は出てくるのは仕方無い問題なのかもしれません。

税金滞納と融資の関係について

37466518184dad9beb06ecc39e7ea4ac_s
では、そもそも税金滞納をしていて融資を受けられない理由についてご説明します。まず、税金を支払っているかどうかについては納税証明書を確認することで分かります。

融資の申込時に納税証明書の提出が求められる場合があり、そういった場合では税金滞納で融資を受けることは難しくなります。やはり、税金を滞納するということはそれだけ資金繰りが厳しいということです。

資金繰りが厳しいのであれば、返済がスムーズに行われるとは考えにくく、金融機関はそういった企業にお金を融資する姿勢は出しにくいからです。

一方で、「納税証明書さえ提出しなければ税金滞納が銀行にバレないから大丈夫なのではないか?」と考える方もいらっしゃるでしょう。まず、一般的な金融機関であれば、プロパー融資取引の場合納税証明書の提出を求められない場合があります。

事業計画書や資金計画書と決算書などの提出のみで融資を決めるケースがほとんどです。

しかし、税金滞納があるかどうかをチェックする金融機関もあります。それは日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫は税金滞納のチェックをする

659d0659cbf39e6b13fcce9feabb805d_s
私は不動産会社を経営しています。保有する不動産の補修をする必要があるため、金融機関からの資金調達を検討しています。先日、日本政策金融公庫に融資の申込をしました。

決算書や補修に関する見積書などの提出を求められました。その提出書類の中に、法人税申告書も含まれていました。日本政策金融公庫は政府系金融機関であるため、税金により運営されています。そのため、税金滞納があるかどうかが非常に重要なポイントになるようです。

私は民間の金融機関に勤務していたので「日本政策金融公庫での融資申し込みはやはり政府系金融機関とだけあって法人税申告書が必要なのだ」と感じ、少し新鮮でした。

ちなみに、住宅ローンの申込に関しては民間の金融機関も住民税を納めているかどうかチェックしていまして、法人のプロパー融資とは異なりますのでご注意して下さい。

税金滞納でも融資を受けるには

民間の銀行でのプロパー融資であれば税金滞納中でも融資の申込時点で断られることは無いでしょう。

ただし、税金滞納をしているような状況ということは、資金繰りが非常に厳しいということです。資金繰りが厳しい企業にお金を貸したがる金融機関はあまりありません。

そのため、税金滞納という情報がバレなかったとしても資金繰りの厳しさが決算書や直近の試算表などで分かってしまいます。つまり、税金滞納で銀行からお金を借りるというのは少し厳しいのです。

であれば、どのように資金調達をするのかですが、銀行ではなく、ファクタリングやビジネスローンなどを活用することも視野に入れたほうが良いのではないかと思います。

その他の資金調達を検討する場合

a46032c118507bab5a13092abecf8731_s
それでは、税金滞納中でも資金調達出来る方法をご紹介します。

まず、ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。売掛債権が毎月安定的ににあり、それが理由で資金繰りが厳しい状況であれば、活用を検討されてみてください。

ファクタリングについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧いただけたらと思います。

ファクタリングとは?図解で簡単にわかりやすく説明します

ファクタリングの口コミ情報!リアルな利用者の情報を紹介

ファクタリングのリスクや問題点について

ファクタリングは税金滞納中であっても申込が出来ます。理由は審査対象は売掛先企業だからです。日本ではあまり馴染みがない調達方法ですが、欧州では一般的ですし、経済産業省も認める資金調達方法です。

ファクタリングの悪徳業者も残念ながらいるようですので、安全確実なファクタリング会社に申込をされたい方は、1万社の利用実績がある下記サイトからファクタリングを利用できるかどうか無料で診断するのも手段の一つだと思います。

銀行の返済条件変更中、赤字決算、債務超過でも資金調達できる?【資金調達プロ】

次にビジネスローンの活用も検討ください。ビジネスローンは銀行融資よりも比較的緩い審査です。そのため、税金滞納中であっても否決される可能性は銀行よりもグット低くなります。

ビジネスローンを活用することで、未納であった税金を納税された実例などが数多くあります。当サイトをご覧の方は会社経営の方以外に個人事業主の方もいらっしゃるかと思います。

そのため、多くの方に案内出来た方がよいかと思い、個人事業主の方でも利用できるビジネスローンの商品をご紹介させていただきます。最短1日で審査が終了するというのも利点です。

ビジネスローンの申込をし、税金滞納を解消されたり、資金繰りの安定化を図りたい方は下記広告をご確認下さい。

まとめ

税金滞納中でも融資を受けられる方法や、税金滞納中でも資金調達が出来る方法をご説明しました。資金繰りが厳しい中で少しでも読者の方のお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ