債務者にとってファクタリングを利用するメリットとは

事業資金調達.jp編集部です。記事をご覧頂きまして、誠にありがとうございます。今回はファクタリングを利用することで債務者が得られるメリットについてご説明させていただきます。

ファクタリングは借入ではない

ファクタリングと債務者というキーワードをタイトルに使用しましたが、実はファクタリングを利用することでその利用者が債務者になるわけではありません。何故なら、ファクタリングは借入ではないからです。あくまでファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達をする方法のことです。

その売掛債権を買い取ることは債務者になるわけではありません。むしろ、売掛債権先企業が、ファクタリング会社からみたら債務者となります。ファクタリングは売掛債権先にお金を支払ってもらう権利がある債権者です。ですので、売掛債権先企業が債務者となります。

※債務者と債権者について
債務者・・・債務を背負っている者なので、支払い義務がある。
債権者・・・お金を受け取る権利がある者。

一旦、この前提をご理解いただければと思います。

ファクタリングを利用する会社が借入する時

仮に、ファクタリングを利用する事業者様が今後銀行などの金融機関やノンバンクから借入をする時、金融機関から見れば債務者となります。その場合、ファクタリングを利用することで実は融資の審査に通りやすくなるというメリットが考えられます。

どういうことかと申しますと、企業が資金繰りなどで厳しくなった場合や、どうしても急な支払いをしなければいけなくなった時にファクタリングは活用されますが、仮にそういった際にノンバングなどで借入をしてしまえば、企業のバランスシートは資金調達をしたことから現金が増えると同時に、借入金も増加します。

その借入金の返済が終わるまでの間に、その他金融機関からの借入をする場合、ノンバング等で借入金を調達した場合はもちろん審査をする上で影響があります。

一方、ファクタリングで資金調達をしていた場合は対象の売掛債権が無くなる代わりに、現金が増えます。決して、バランスシートの負債が増えるわけではありません。そのため、今後借入をする際に審査への影響が少なくなることが考えられます。これがファクタリングを利用した企業にとってのメリットとなります。

注意点も

ファクタリングはメリットばかりに聞こえるかもしれませんが、気をつけていただきたい点ももちろんあります。それは手数料です。

ファクタリングの手数料は売掛債権額の5~25%の範囲が一般的ですが、この割合は売掛先企業の信用状況で変動します。ファクタリングを利用する事業者様は、銀行融資やノンバンクでの資金調達を断られた上で申し込みされるケースが多いこともあり、このような高い手数料が必要となってしまいます。
出来れば、銀行からの融資が望ましいのですが、その場合は審査期間が2週間程度は必要になります。

また、優良企業であっても、当座貸越契約や手形貸越契約など(個人で例えるとカードローンの枠)をしてなかった場合は、急な資金繰りに対応できなくなる可能性もあるので、毎月安定的な売掛債権を保有している事業者様はファクタリングの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

最後に

もし、ファクタリングを利用するメリット・デメリットを考慮した上でも、実際にファクタリングを利用されたい場合は、ファクタリング会社を無料で紹介してくれる「資金調達プロ」というサイトを活用するのも手段の一つかと思います。

既に1万社以上が利用した実績があるサイトですので安心です。また、全国1,000社以上のファクタリング会社と提携しているため、御社に最適なファクタリング会社を紹介してくれます。

たった10秒ほどの入力で無料診断が完了します。ご興味があれば下記広告をクリックし、資金繰りを改善出来る可能性のあるファクタリングが活用できるかどうか確認してみてください。

診断のための入力後に「資金調達プロ」のサポートセンタースタッフから電話でヒアリングがあり、仮にファクタリングが利用出来るのであれば無料でファクタリング会社を紹介してもらえます。

今回は債務者がファクタリングを利用するメリットについてお伝えさせていただきました。最後まで読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ