ファクタリングのリスクや問題点について

欧米では主流の資金調達方法である「ファクタリング」。日本ではまだまだ馴染みがないのが現状です。経済産業省が認めている資金調達方法ですので、安心なのですが、やはり利用する人にとってはリスクや問題点がないか利用前にチェックしておきたいもの。

そこで、今回はファクタリングのリスクや問題点をご説明します。

ファクタリング最大のリスクは売掛先にバレること?

c48167f70325d59fec29348fc35aefc4_s

ファクタリングを利用する際、2社間ファクタリング契約と3社間ファクタリング契約という2種類の契約形態があります。

2社間ファクタリングとは利用者とファクタリング会社との契約のみで成立します。3社間ファクタリングは利用者・売掛先・ファクタリング会社の3社での契約です。

3社間ファクタリングであった場合、売掛先に「利用者がファクタリングを利用する(くらい資金調達に困っている可能性がある)」と気づかれてしまうリスクがあります。

そのリスクを回避した契約形態が2社間ファクタリングです。2社間ファクタリングが非常に良さそうに思えるかもしれませんが、そうではなく、2社間ファクタリングの場合はファクタリング会社へ支払う手数料が高くなるケースが多く見受けられます。

ファクタリングを利用する際の問題点

売掛先へファクタリング利用情報が知れ渡ること等以外にもファクタリングには少しばかりの問題点はあります。

それはファクタリング会社に関する情報不足です。

「情報不足ってどういうこと?」と思われたかもしれません。ファクタリング会社毎にへ支払う手数料にばらつきがあります。

ファクタリング会社へ支払う手数料は事務手数料が1~2%程度。そして売掛債権額の20%前後が手数料として現金化される際に差し引かれます。

500万円の売掛債権を売却して22%の手数料がかかるとしたら、110万円もの手数料が必要になります。これは結構な痛手になります。もしかしたら、手数料が10%程度で済むようなファクタリング会社もあるかもしれません。

そのため、早急な資金調達が必要な状況はあると思いますが、慎重になった方が支払う手数料が少なくて済む可能性が高くなります。

具体的には、ファクタリング会社の比較をご自分でするのも可能です。(比較にご興味がある方はこちらの記事をお読みください→ファクタリング会社の大手を比較した一覧表

他にも、信頼できる業者に要望をファクタリング会社紹介サービスの会社に伝えて、ファクタリング会社を紹介してもらう方法があります。(詳細は後述します)

信頼できるファクタリング業者を選ぶには

ファクタリング会社を見つけたい方は「資金調達プロ」というサイトでファクタリングを利用できるかどうか無料で診断を受けるのも手段の一つです。

資金調達プロは今まで1万社以上の利用実績がある信頼できるファクタリング会社紹介サイトです。全国にあるファクタリング会社1,000社以上と連携をしています。そのため、スピーディーな対応にも定評がありますので即日の調達にも対応できます。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は後ほどリンク先をご紹介します。そのリンク先で無料診断をされてみてください。

広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。

その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがあります。

ファクタリングのリスクや問題点について、丁寧なサポートセンタースタッフに相談してみてください。丁寧に回答をしてくれるはずです。

そもそも無料なので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私もこの資金調達プロというファクタリング会社紹介サイトを以前利用したことがあります。

担当者の方も非常に親切でしたし、紹介されたファクタリング会社もしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

迷ったら無料で相談されてみてください。

皆様の資金調達が成功し、ファクタリングのリスクや問題点を軽減出来る事が出来れば嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

2 Responses to “ファクタリングのリスクや問題点について”

  1. […] 3ヶ月後には500万円全額が手に入るのに、買取をしてもらうことで400万円になってしまったら、ヤミ金のような暴利の会社で借りているのと変わらない手数料がとられてしまうと感じるでしょう。 ※合わせて読みたい ファクタリングのリスクや問題点について […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ