信用保証協会付融資の審査の基準。落とされる理由とは。

事業資金調達.jp編集部です。記事をご覧頂きまして、誠にありがとうございます。今回は、信用保証協会付融資の審査に落とされる経験をされた事業者様のために、その基準や理由についてご説明させていただきます。

信用保証協会とは

まず、信用保証協会とはどのような組織なのかについてご説明させていただきます。信用保証協会とは各都道府県に1つずつある(一部の市では、その市内にある企業のための信用保証協会もある)公益法人で、金融機関が中小企業に融資をする際に、その債務を保証する機関です。

この説明をきいても「うん?なんか分かったような分からなかったような気が・・・」という方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に事例を用いてご説明します。

法人A社がB銀行からお金を500万円借りる手続きをするとします。法人A社は最近設立されたばかりで、業績の見通しなどは不明ですので、B銀行としては「法人A社にお金を貸してもきちんと返済される可能性が低いかもしれない・・・」と心配になり、貸すことをためらってしまいます。

こういった時に登場するのが信用保証協会です。

「B銀行さんに対して、もし法人Aがお金を返せなくなった場合は、その債務の100%(80%などの場合もある)を信用保証協会が保証しましょう。つまり、法人Aがお金を返せなかった場合は、我々信用保証協会が法人AがB銀行に返すべきお金を返済します。そのため、B銀行さんはお金が返済されるかどうか心配せずにお金を貸せますので、審査をした上で法人Aに融資して下さい。」

このような金融を円滑にする役割を信用保証協会は担っています。ちなみに、信用保証協会は、保証料を法人A社から信用保証協会から保証してもらうという名目でいただくことで運営をしています。つまり、事業者様にとっては金利以外に保証料を支払う必要があります(地域によって、ベンチャー企業は保証料なしなどの場合もあります)。

信用保証協会を利用するための条件

そもそも、信用保証協会を利用する条件は決められています。信用保証協会は中小企業のために組織されたので、大企業は利用出来ません。企業の大小についてですが、業種によって資本金の金額や従業員数によって決まります

その他にも、農業や漁業、金融業などを営む事業者様は信用保証協会を利用出来ないといった業種制限もあります。そして、許認可や届け出が必要な業種の場合はその疎明資料が申し込み時に必要です。信用保証協会付融資を銀行窓口で申し込まれた事業者様は、この条件を満たしていれば申し込みすることが出来ます。

ある意味、この条件が審査の基準となり、書類を整備すれば融資の申し込みが出来ます。もちろん、財務状況や資金計画、事業計画などがある程度しっかりしていることが審査を通過する前提です。窓口である銀行への説明が出来なければ、信用保証協会への申し込みの前に審査申し込みをやり直すことになってしまいます。

審査に落とされる理由は

申し込みをしたことを前提として、銀行などの金融機関による書類チェックは通過したものの、信用保証協会の審査で落とされる場合があります。その理由が気になる事業者様も多くいらっしゃるでしょう。その最大の理由は信用情報に傷がついている場合や補償金額の上限を超えている場合です。

事業資金調達.jp編集部の元銀行員スタッフK氏からの情報をご紹介します。K氏は中小企業への融資を担当しており、ある創業したばかりの中古車ディーラーへの融資を担当した時の話です。

元銀行員K氏は書類などをすべて整備した上で信用保証協会へ申し込みへ行きました。銀行員にとっては信用保証協会から応諾が得られさえすれば、新規貸出の実績となるので、信用保証協会との力関係で言えば、実は銀行よりも信用保証協会の方が力が上だったりします。そして、その中古車ディーラーの案件に対して、信用保証協会の担当者は断固拒否したそうです。

元銀行員のK氏はその信用保証協会の担当者に何度も理由を聞いたそうなのですが、結局曖昧な受け答えをされたとのこと。中古車ディーラーとしては信用保証協会からの融資を受けたかったようなのですが、銀行はそもそも創業したばかりの中小企業(不動産賃貸は除く)に対しては信用保証協会付の融資しかしません。そのため、元銀行員K氏は新規貸出の実績は作れず、中古車ディーラーも資金調達が出来ませんでした。何故断られたのか、信用保証協会の担当者は答えてくれなかったので、元銀行員K氏は中古車ディーラーの社長にヒアリングをしていて驚きの事実が明らかになりました。

その事実とは、中古車ディーラーの社長が以前事業に失敗をして破産した経験があったことです。信用保証協会は破産経験者が代表をつとめる企業に対して、融資をすることはほぼありません。そういった信用情報に大きな傷があったことが原因だったのです。事業資金調達.jpスタッフである元銀行員K氏が経験した事例をもとに、審査に落とされる理由についてご説明しました。

その他にも

その他、信用保証協会から審査を落とされる理由があります。それは、信用保証協会は法人・個人事業主問わず、債務者毎に信用保証出来る金額の上限を信用保証協会内で決めています。その金額以内は信用保証協会付融資を利用できるのですが、その金額の上限を超えると厳しくなります。

逆にその上限が決められているメリットもあります。例えば、500万円の融資を受けていて、信用保証協会の内々の資料ではこの企業に500万円までは貸し出しが出来ると判断していた場合、それから1年間で100万円返済しており借入残高が400万円であったのであれば、現時点で再度100万円を借入し、上限の500万円まで借入残高を増やすことも出来ます。

以前から信用保証協会付融資を利用されていて、これから再び利用を検討されていらっしゃるのであれば、以前借入した金額からどのくらい返済されているのかというのを目処に、借入金額を計画しましょう。今回は、信用保証協会の審査基準や落とされる理由についてご説明させていただきました。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

One Response to “信用保証協会付融資の審査の基準。落とされる理由とは。”

  1. […] 関連記事:信用保証協会付融資の審査の基準。落とされる理由とは。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ