ファクタリングで即日資金調達をするために必要なポイント

今すぐに資金調達をする必要がある経営者の方が当記事を御覧頂いているかと思います。

ファクタリングを活用すれば必ず即日で資金調達が出来るわけではありません。即日のためには必要なポイントがありますので、ご説明します。

ファクタリングで即日資金調達をするためには2社間ファクタリングを

f393e05a59f71b903fd2b40b6f732b74_s

ファクタリングの契約形態は2種類あります。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の2つの間での取引です。3社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社と売掛先企業の3社間での取引になります。

即日での資金調達を可能にするためには3社間ファクタリングであれば売掛先企業との交渉をする必要があり、時間を要するので、2社間ファクタリングを利用することになります。

2社間ファクタリングのメリット・デメリットについて

2社間ファクタリングのメリット・デメリットをご説明する前に、まず下記図解をご覧下さい。

2016-07-09_15h17_46

2社間ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちらの記事「ファクタリング契約の仕組みや注意点を解説します」をご覧ください。

2社間の場合は売掛金をファクタリング会社が回収するためのリスクが高いため、手数料が高いことがデメリットとして挙げられます。

ファクタリング利用者が売掛先から回収した資金をそのまま持ち逃げしてしまう可能性があるためファクタリング会社にとってはリスクが高くなってしまいます。そのため、手数料が高くなる傾向があります。

この手数料の高さがデメリットと言えるでしょう。

次にメリットについてご説明します。やはり、何と言っても「売掛先にファクタリングを利用することがバレる可能性が低い」ことが最大のメリットです。

しかし、債権譲渡担保の登記をする必要があることから、絶対にバレないとは言い切れません。正々堂々とファクタリングを利用することを売掛先に報告した方が無難でしょう。

※売掛先に報告するポイントをまとめていますので、ご興味がある方は「売掛金の債権譲渡担保登記はファクタリング利用時に必要?」をご覧ください。

他にも、仮に売掛先企業が倒産してしまったとしても、2社間ファクタリングであれば売掛債権の焦げ付きを防ぐことが出来るメリットがあります。

ファクタリングを利用出来るかチェックしよう

ファクタリングで即日の資金調達をするために必要なポイントを説明しました。キーワードは2社間ファクタリングを利用することです。

様々な悪徳ファクタリング業者がいるという情報も非常に多いため、信頼出来る会社にまずは無料で診断をしてもらい、御社に適切なファクタリング会社を紹介してもらうことをオススメします。

まずは「資金調達プロ」というサイトでファクタリングを利用できるかどうか無料で診断を受けるのも手段の一つです。

資金調達プロは今まで1万社以上の利用実績がある信頼できるファクタリング会社紹介サイトです。全国にあるファクタリング会社1,000社以上と連携をしています。そのため、仮にファクタリングが利用出来ることが分かれば、スピーディーにファクタリング会社を紹介してもらうことも可能ですので即日の資金調達も問題なく行えます。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は後ほどリンク先をご紹介します。そのリンク先で無料診断をされてみてください。

広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。

その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがあります。

ファクタリングを申し込む際に必要な書類などについての不明点は、丁寧なサポートセンタースタッフに相談してみてください。丁寧に回答をしてくれるはずです。

そもそも無料なので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私もこの資金調達プロというファクタリング会社紹介サイトを以前利用したことがあります。

担当者の方も非常に親切でしたし、紹介されたファクタリング会社もしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

迷ったら無料ですので、まずはサイトに必要事項を入力されてみてください。もしファクタリングを利用するかどうか迷っていらっしゃったとしても、利用できるかどうかを確かめるだけでも御社としての資金調達方法の幅が広がるかと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

従業員の方々の生活を背負っていらっしゃる経営者の方にとっては、資金不足はとても重たい問題です。いち早く解決することを心よりお祈りしております。

One Response to “ファクタリングで即日資金調達をするために必要なポイント”

  1. […] URLはこちらです → http://xn--3kq486dfsxoyb51gjrc.jp/archives/779 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ