ファクタリング会社に支払う手数料や債権譲渡登記費用等

事業資金調達.jpです。ファクタリングを利用する際にファクタリング会社に支払う手数料や債権譲渡登記費用等のその他実費について今回はお伝えさせていただきます。

ファクタリング会社に支払う手数料

ファクタリングを利用する際は、ファクタリング会社へ手数料を支払うこととなります。ただし、実際に現金を支払うのではなく売却する売掛債権額のうちの数%差し引かれた金額を資金調達するという形で手数料を支払います。

この手数料については、売掛先企業の業績によって変動しますので、御社の業績とは無関係です。この手数料ですが、5~25%必要になるのが一般的です。

やはり、業績が良い企業などについては低い手数料となり、業績が芳しくない企業については高い手数料となります。その理由といたしましては、ファクタリング会社が実際に債権を回収できなくなるリスクが考慮されています。

私が銀行で勤務していた時、やはり高い金利をいただいている企業は業績があまり良くなく、業績が良い企業は金利が低いというのが一般的でした。ただ、業績が悪いからこそ金利を低くした方が業績向上が出来るのではないかということを考えたこともあります。

そのため、ファクタリングの手数料についての考え方を初めて知った方にとっては、「業績が悪いからこそ手数料を安くするべきではないのか」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

登記費用

ファクタリング会社へ支払う手数料以外にも必要な費用があります。それは債権譲渡登記の費用です。何故登記費用が必要なのかというと、第三者対抗要件のために売掛債権を譲渡する登記が必要になるからです。この第三者対抗要件とは、「すでに効力の生じている権利関係の変動などを第三者に主張するための要件」のことです。

この費用は7万円~10万円程度必要になります。手数料にばらつきがある理由は手続きを実際にする専門家(司法書士など)によって手数料が変動するためです。

費用についての注意点

以上、ファクタリング会社に支払う手数料や債権譲渡登記に必要な費用の目安についてお伝えさせていただきました。もちろん、ファクタリング会社によって手数料は異なりますし、前述した通り、債権譲渡登記に関する費用も異なります。

また、債権譲渡についてですが、この債権譲渡登記をすることによって、ファクタリングを利用しているという情報が公開されることを懸念される企業様がいらっしゃることもあります。そのため、債権譲渡登記をせずにファクタリングを利用できる会社もあります。また、三社間取引ではなく、御社とファクタリング会社による二社間取引をすることで、手数料が低くなるファクタリング会社もあります。
手数料だけではなく、二社間取引が出来るのか、また、債権譲渡登記は必要なのか等、総合的な判断をするためには多くの情報を入手する必要があります。

終わりに

最後にファクタリング会社を無料で紹介してくれる「資金調達プロ」というサイトをご紹介します。

既に1万社以上が利用した実績があるサイトですので安心です。また、全国1,000社以上のファクタリング会社と提携しているため、御社に最適なファクタリング会社を紹介してくれます。

たった10秒ほどの入力で無料診断が完了します。ご興味があれば下記広告をクリックし、資金繰りを改善出来る可能性のあるファクタリングが活用できるかどうか確認してみてください。

診断のための入力後に「資金調達プロ」のサポートセンタースタッフから電話でヒアリングがあり、仮にファクタリングが利用出来るのであれば無料でファクタリング会社を紹介してもらえます。

債権譲渡登記に関する質問もされて下さい。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。御社の資金調達が上手く行くいけば幸いです。

2 Responses to “ファクタリング会社に支払う手数料や債権譲渡登記費用等”

  1. […] ※ファクタリングの手数料を詳しく知りたい方はこちらを御覧ください → ファクタリング会社に支払う手数料や債権譲渡登記費用等 […]

  2. […] ファクタリングに違法性はないのかと疑う人がいますが、結論から言うと、違法ではありません。ファクタリングでは、銀行から借りた場合よりもはるかに高い手数料をとられます。消費者金融で借りた場合と比較しても、手数料は高額になることがほとんどです。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ