日本政策金融公庫で融資のコツやポイントについて

新しく事業を始める人、今ある事業を拡大したい経営者にとって資金の調達はいつも頭を悩ませる問題です。どのように資金を調達するのかも経営者としての大切なスキルでもあります。

日本政策金融公庫は低金利などの好条件で融資を受けられるということで融資を受けたい経営者はたくさんいます。

そんな経営者の方へ今回は日本政策金融公庫で融資を受けたい人のために融資のコツやポイントについて簡単にわかりやすくご説明させて頂きます。

融資のコツやポイントについて


日本政策金融公庫は政府系の金融機関になります。起業や独立、事業を始めて間もない人のための融資制度が充実していることでも知られています。しかし実際に審査に通るのは2割程度だと言われています。

3つのコツとは?

ではその2割に入るための融資のコツとポイントは一体何でしょうか?融資コツのポイントは3つあると言われています。

①創業計画書

②面談

③自己資金

以上の3つのポイントが日本政策金融公庫の融資の合否に大きく関係しているようです。では3つのポイントを1から順番にクリアするためのコツをご説明させて頂きます。

審査に通るためには

創業計画書について

創業計画書は事業を始めた初年度でいったいどれくらいの売り上げと費用があるのかを表したものです。ここで最も担当者が見ているところが「売上計画」になります。その売上げ目標をどのように達成するのかをわかりやすく説明することが融資のコツの1つになります。

そしてその売上げを達成するために必要な経費明確にしておきましょう。例えば設備投資のために機械を導入したい場合などは見積書を添付しておく等が必要です。

面談について

dabec61f09acde67ef35d1c4bf996639_s

面談では経営者の資質を見られることになります。日本政策金融公庫は融資したお金を滞りなく返済してくれる人にお金を貸したいと思っています。

返済に対してどれくらい責任感と誠実さがあるか、そしてビジネスに成功できる経営者なのかどうかをアピールする必要があるようです。では面談で良く聞かれる質問を挙げてみましょう。

・創業の動機

・創業する分野の経験や実績

・セールスポイント

・想定される売上高や利益の額を根拠に基づいての説明

・創業場所や人材の確保

以上の質問は日本政策金融公庫の面談の際に聞かれがちな質問になりますので明確に答えられるように準備しておくことが融資のコツになります。

自己資金について

自己資金が多いほど審査に合格しやすくなるようです。創業資金総額に対する自己資金の割合は2割~3割程が目安のようです。

もしも自己資金が足りない場合、面談を乗り切る融資のコツは親族などのバックアップなどをアピールすることのようですが、なるべく実力で通過できるのがベストですよね。

自己資金を蓄えつつ

最後に

今回は日本政策金融公庫の融資に関するポイントとコツについてご紹介させて頂きました。皆様の一助になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ