日本政策金融公庫の融資~審査結果がダメだった場合

日本政策金融公庫は低金利で政府系の金融機関として信頼性もあり、これから事業を始める起業家や個人事業主、資金ぶりが良くない中小企業、これから事業を拡大したい会社など、銀行などの金融機関でお金を借りることができない事業者の受け皿の金融機関です。

申込み者は年々増加しているようですが融資の審査に通ることは簡単な事ではないようです。今回は日本政策金融公庫で融資の審査結果が不合格だった人の理由や対策についてご説明させて頂きます。

融資の審査結果がダメだった場合


日本政策金融公庫の融資の審査結果がダメだった人を調査してみるとダメであった理由があります。その理由とは一体何でしょう?ダメであった人達の共通点で特に多かったものをあげてみました。

①事業計画の計画性に問題がある

②自己資金が少ない

③ブラックリストに載っている

④光熱費などの公共料金を延滞している

⑤サラ金などの闇金融からの借り入れがある

⑥新たに事業を始めたい人の場合、過去に経験がない

⑦面談での受け応えが上手くできなかった

以上の7点が特に日本政策金融公庫の融資の審査結果がNGであった人の共通点と理由でした。では上から順番に対策をご説明させて頂きます。

日本政策金融公庫の融資で審査結果がだめな場合の対策

それでは一つづつご説明させていただきます。

①事業計画があいまい

事前に事業計画を説明できるようにしておきましょう。数字の根拠や事業に対する熱意などを融資の審査担当者に話せるように準備が必要です。自分で事業計画を立てることが難しい場合は思い切ってプロに頼むことも一つの方法のようです。

②自己資金がない

自分のお金が無い場合は、一時でも良いので両親や兄弟に一時的に融資の審査用の見せ金としてお金を借りる人もいるようです。特に新しく起業をする場合は融資が下りるまでの運転資金ぐらいは必要です。

③ブラックリストに載っている

銀行やカード会社などのブラックリストに載った場合は面談で聞かれなければ特に自分から言う必要はないようです。但し、提出書類でばれることもあります。

④光熱費などの公共料金を延滞している

光熱費の滞納は審査に落ちる確率を上げます。もしも現状で滞納している場合は即座に返済した方が良いようです。

⑤サラ金などの闇金融からの借り入れがある

サラ金の借り入れリストに載っている場合はほぼ日本政策金融公庫の融資の審査の担当者にわかってしまうようです。この場合は日本政策金融公庫の融資の審査結果はほぼダメなようです。サラ金からの借り入れは出来るだけ行わないようにすると良いのではないでしょうか。

⑥新たに事業を始めたい人の場合、過去に経験がない

起業資金の借り入れの場合はその分野での経験年数と実績を問われます。無い場合は数年間経験を積む、もしくは自己資金を多めに準備しておくと良いようです。

⑦面談での受け応えが上手くできなかった

事前に面談の練習をしておきましょう。どのような質問がくるかを想定して対策をすることが望ましいです。

まとめ

いかがでいしたでしょうか?

日本政策金融公庫での審査結果がダメだった場合でもあきらめずに対策をとって再度挑戦してみましょう!ただし、審査を通過するかどうか自信がない場合はしっかりと入念な準備をすることをオススメします。

金融機関の性質上、一度否決となった融資判断がすぐに覆って承認されることは難しいからです。

One Response to “日本政策金融公庫の融資~審査結果がダメだった場合”

  1. […] 関連記事:日本政策金融公庫の融資~審査結果がダメだった場合 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ