日本政策金融公庫の融資~審査はブラックだと否決になる?

金融機関からお金を借りて新たに事業を始めたり、今あるビジネスを拡大するための資金が必要な経営者の方はたくさんいらっしゃいます。世間では起業家や経営者を「立派な人」や「信頼できる人」などと評価する人も多いでしょう。

しかし一見、立派そうに見える経営者の中でも意外にもブラックリストに載ってしまったり自己破産をする方は非常に多いのも現実です。今回は過去に金融機関のブラックリストに載ってしまった場合でも新たに日本政策金融公庫で融資の審査に受かることができるの?という疑問にお答えいたします。

日本政策金融公庫の融資の審査~ブラックはどうなるのか

日本政策金融公庫で融資の審査に通った人の中に「過去に金融機関のブラックリストに載ってしまったことがある人がいるのか?」という質問があるとすると答えは「イエス、います」と言えるでしょう。

結論を先に言ってしまうと「過去にブラック歴や自己破産歴があったとしても日本政策金融公庫の融資の審査に通ることはできます」になります。

ではなぜブラックリストに載った場合でも融資の審査に通ることができるのかを見ていきましょう。まず、日本政策金融公庫のような政府系の金融機関などは融資先の代表者の借り入れ状況を全国銀行個人信用情報センターによって把握しています。(一般的な金融機関でももちろん把握しています)

ですが実際の現場においては個人情報を完全に100%確認をしていない場合もあるようです。私が勤務していた銀行では、住宅ローンやカードローン、クレジットカード、そして融資の申込時は信用情報を確認していました。

ヤミ金業者などの場合は借入れ情報を調査システムで必ず調査しているという情報があります。そこの借り入れ者リストに載っていれば融資の審査にはほぼ通ることはないでしょう。

つまり日本政策金融公庫が借り入れの申込み者がサラ金等以外の金融機関のリストに載っているかどうかを知るには2つの方法しかありません。

日本政策金融公庫の融資担当者との面談で・・・

・面談の際に融資の申込み者が告白する

・通帳の記帳・不動産登記簿謄本などの提出書類に記載されている

以上の2点からになります。

提出書類にブラックリストに載っている痕跡がなく、融資の審査での面談でそのことを話さないと日本政策金融公庫の担当者にはわかりません。
面談時に聞かれた場合は正直に話さなければなりませんし、ブラックリストに載っていた痕跡を消すために書類を改ざんするなどは問題外ですが、書類にも痕跡がなく、面談時でも聞かれない場合はわざわざ自分から告白する必要は特にはないようです。

ただし、日本政策金融公庫の担当者の方がブラックリストをチェックしていない場合があるというのはあくまでインターネット上で調べた情報に過ぎませんことをご了承ください。

ブラックリスト情報が消えるまでの期間

ちなみに、ブラックリスト入りしてしまった場合、信用情報機関ごとにブラックリスト情報が消えるまでの機関が異なります。その一部をご紹介します。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合、その情報が消えるまでの期間が下記のように定められています。

延滞の場合・・・・・5年
代位弁済の場合・・・5年
任意整理の場合・・・5年
自己破産の場合・・・10年

完全に100%大丈夫だと言えるのは、この期間を経過した後に借入の申込をするケースです。このことをご了承ください。

日本政策金融公庫以外の金融機関の場合、個人信用情報をチェックしている場合が大多数と思われますし、資金調達は様々な金融機関から出来た方が事業をより安定化させられます。

そういった観点からも、ブラックリスト入りしてしまった場合は、その情報は消えるまで事業開始は見合わせた方が無難でしょう。

おわりに

あまりオススメはしませんが、ブラックリストに載っていた過去が日本政策金融公庫に知られずにすみ、融資審査に合格するパターンがあることはたしかなようです。これから資金調達をされる予定で、一度ブラックリスト入りをしてしまった方の御参考になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ