ファクタリングと手形割引の違いを図解でご説明します

ファクタリングをご利用するかどうか迷われている方もいらっしゃるかもしれません。やはり、どのような事でも同じなのですが知らない事であればあるほど迷うものかもしれません。そんな時はこちらのサイトの問い合わせフォームからご連絡いただけたら幸いです。

色々な質問の中でも、よく、「ファクタリングと手形割引の違いって何ですか?」というご質問を受けます。そのため、改めて今回ご説明させていただきたいと思います。

ファクタリングと手形割引の違い~負債に計上されるか否か

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却し、資金調達をする方法です。ファクタリング会社へはある程度(5~20%)の手数料を受け取るお金から差し引いて支払わなければいけません。

一方、手形割引とは銀行などの手形を割り引いてくれる金融機関・ノンバンクなどで支払い期日前の手形を持参し、資金調達をする方法です。(ちなみに、その際に手数料を差し引かれます)

手形割引の際は手形を担保として差し出さなければいけず、貸借対照表上では短期借入金として計上されます。しかし、ファクタリングは会計処理上は負債には計上されません。

関連記事:ファクタリングの会計処理や仕訳の方法

負債に計上されるのは手形割引で、ファクタリングは負債にはならないという点は大きな違いです。

不渡りのリスクがない代わりに手数料が高いという違いが

手形割引であれば、売掛先の企業が仮に倒産をしてしまった場合、不渡り手形となってしまいます。その後は大変です。銀行から手形の買い戻し請求がされます。

つまり、倒産した企業の代わりにその手形の金額を銀行へ支払わなければならないのです。手形割引にはこのようなリスクが潜んでいます。

しかし、ファクタリングは違います。

仮に売掛先企業が倒産してしまい、売掛金の回収が出来なかったとしても、ファクタリング会社がそのリスクをテイクしています。もし、売掛先企業が倒産してしまった・・・という事態に陥っても、ファクタリングであれば問題ないのです。

その代わり、ファクタリングを利用する際にファクタリング会社に差し引いて支払わなければいけない手数料が手形割引と比較して非常に高いという違いがあります。

銀行で手形割引をしてもだいたい手数料は1~3%というところですが(もちろん企業によって異なります)、ファクタリングであれば5~20%もの手数料が必要となります。全然違いますよね。

資金調達までの時間も違います

また、資金調達までの時間の早さも手形割引とファクタリングの違いとして挙げられるでしょう。

既に手形割引の取引を金融機関と定期的に行っている場合は、窓口へ手形を持参してすぐに資金調達が出来ます。そういったケースではなく、これから手形割引の取引を金融機関としたいという場合は異なります。

御社やその売掛先企業の審査があるため2~3週間の時間が必要になるのが一般的でしょう。ただし、ファクタリングであれば早ければ即日の資金調達も可能です。

この時間のスピーディー差も違いだと思います。

まとめ

手形割引とファクタリングの違いを最後に整理してお伝えします。下記の表をご覧ください。

2016-07-09_19h36_47条件に合うと思われる方で実際にファクタリングを活用するかどうか検討されたい方は「資金調達プロ」というサイトを活用されることをオススメします。

こちらのサイトを利用すれば、無料でファクタリングが活用できるか診断を受けられます。

資金調達プロは今まで1万社以上の利用実績がある信頼できるファクタリング会社紹介サイトです。全国にあるファクタリング会社1,000社以上と連携をしています。

そのため、仮にファクタリングが利用出来ることが分かり、実際に利用したいのであれば、スピーディーにファクタリング会社を紹介してもらうことも可能です。即日の資金調達もスムーズに行えます。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は後ほどリンク先をご紹介します。そのリンク先で無料診断をされてみてください。

広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。

その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがあります。

ファクタリングと手形割引の違いなど、会計処理上で気になる事などがあれば、改めて資金調達プロのサポートセンタースタッフに相談されてみても良いでしょう。丁寧に回答していただけるはずです。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私も以前「資金調達プロ」を利用しました。

担当者の方も非常に親切でしたし、紹介されたファクタリング会社もしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

迷ったら無料ですので、まずはサイトに必要事項を入力されてみてください。もしファクタリングを利用するかどうか迷っていらっしゃったとしても、利用できるかどうかを確かめるだけでも御社としての資金調達方法の選択肢の幅が広がるはずです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。ファクタリングと手形割引の違いについてのご理解が深まっていただけたら幸いです。

One Response to “ファクタリングと手形割引の違いを図解でご説明します”

  1. […] ファクタリングの仕組みについて図解で説明した記事がありますので、ファクタリングを図解で知りたい方は確認していただけたらと思います。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ