ファクタリング契約の仕組みや注意点を解説します

ファクタリングのご利用を初めて検討されていらっしゃる経営者の方は、この資金調達に関する仕組みや気をつけなければいけない注意点について知りたい方が多いのではないでしょうか。

今回、ファクタリング契約の仕組みや注意点についてご説明させていただきます。

ファクタリング契約の仕組みについて

da69c9b59daefe3dac8fe2432b6d0c98_s

ファクタリング契約はどのような仕組みなのでしょうか。契約形態が2種類ありますので、それぞれ注意点を含めてご説明をします。

3社間ファクタリング契約とその注意点について

3社間ファクタリングでは、御社・売掛先・ファクタリング会社の3社がそれぞれ契約をかわすことになります。日本の社会においてはまだまだ売掛債権を売却して資金調達をするという商慣習が一般的ではないので、3社間ファクタリングはなかなか浸透していないのが現状のようです。

具体的な仕組みについてですが、下の図解をご覧ください。

2016-07-09_15h17_27◆御社→売掛先

①売掛金が発生

②ファクタリング契約の承諾

◆売掛先↔ファクタリング会社

③ファクタリング契約の承諾

◆ファクタリング会社→御社

④売掛金の支払い

◆売掛先→ファクタリング会社

⑤期日までに売掛金を支払う

このような流れになります。御社からみた売掛先企業にとっては、「ファクタリングを利用するということは資金繰りが厳しく、経営が危ないのかもしれない・・・」と勘ぐられてしまうという注意点があります。

このようなデメリットを解消するのが2社間ファクタリングという仕組みです。

2社間ファクタリングとその注意点について

2社間ファクタリングは売掛先を除いた御社とファクタリング会社でのみ契約をするファクタリング契約の仕組みです。

売掛先に情報開示することがないため、信用を下げずに資金調達が出来るメリットがあります。

下の図解をご覧下さい。

2016-07-09_15h17_46◆御社→売掛先

①売掛金が発生

◆ファクタリング→御社

②ファクタリング会社が買い取った売掛債権の集金代行業務委託契約

③売掛金ファクタリングにより売買代金を支払う

◆売掛先→御社

④ファクタリング会社が買い取った売掛金を御社が回収

◆御社→ファクタリング会社

⑤御社が集金代行業務により受領した売買代金をファクタリング会社へ支払う

このような流れになるので、売掛先が契約をすることは一切ない有り難い仕組みなのです。

ファクタリング会社としては資金の回収リスクが高まるので、それに応じて手数料が高くなるファクタリング契約になってしまうという注意点が挙げられます。

まとめ

今回、ファクタリング契約の仕組みと注意点についてご説明しました。具体的には3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの契約形態をお示ししながらご説明しました。

注意点を色々お伝えしましたが、結局のところは、きちんとしたファクタリング会社とお付き合いすることがもっとも重要だと思います。

良いファクタリング会社とお付き合いをしたいと思われていらっしゃる方は「資金調達プロ」というサイトを活用されることをオススメします。

こちらのサイトを利用すれば、まずは無料でファクタリングが活用できるか診断を受けられます。

資金調達プロは今まで1万社以上の利用実績がある信頼できるファクタリング会社紹介サイトです。全国にあるファクタリング会社1,000社以上と連携をしています。

そのため、仮に無料診断後にファクタリングが利用出来ることが分かり、実際に利用したいのであれば、スピーディーにファクタリング会社を紹介してもらうことも可能です。即日の資金調達もスムーズに行えます。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は後ほどリンク先をご紹介します。そのリンク先で無料診断をされてみてください。

広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。

その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがあります。

ファクタリングの契約の仕組みなどについて改めて疑問点などがございましたら、資金調達プロのサポートセンタースタッフに相談されてみても良いでしょう。丁寧に回答していただけるはずです。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私も以前「資金調達プロ」を利用しました。

担当者の方も非常に親切でしたし、紹介されたファクタリング会社もしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

迷ったら無料ですので、まずはサイトに必要事項を入力されてみてください。もしファクタリングを利用するかどうか迷っていらっしゃったとしても、利用できるかどうかを確かめるだけでも御社としての資金調達方法の選択肢の幅が広がるはずです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。ファクタリングの契約の仕組みについて少しでもご理解が深まっていただけたら幸いです。

4 Responses to “ファクタリング契約の仕組みや注意点を解説します”

  1. […] 2社間ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちらの記事「ファクタリング契約の仕組みや注意点を解説します」をご覧ください。 […]

  2. […] 関連記事:ファクタリング契約の仕組みや注意点を解説します […]

  3. […] 関連記事:ファクタリング契約の仕組みや注意点を解説します […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ