事業資金調達の方法としてのファクタリングについて

ファクタリングは資金繰りに苦しむ中小企業にとっては有効な資金調達の方法の1つです。どのような点で優れているのか、また、利用をする場合に気をつけなければいけない点は何なのか、お伝えさせていただきます。

事業資金調達で留意する点

660c38a92a55fbe913cba13338cf8f45_s

まず、事業資金を調達するにあたって注意すべき点についてお伝えします。

大半の経営者の方は銀行への借入申込を行うかと思います。銀行以外のノンバンクやビジネスローン、今回ご紹介するファクタリングの利用を検討されていらっしゃる企業や個人事業主の方は、銀行からの融資申込が断られてしまった可能性が高いはずです。

そもそも事業資金調達で少し不利な状況にあられる方がこの記事をご覧いただいているかと思いますので、誠に僭越ではありますが少し有利に進む方法をアドバイスをさせていただきます。

まず、借入をスムーズに行うために必要なことは以下の3つのポイントです。

1.財務に明るいこと
2.事業の現状と展望を明確にしていること
3.資産が厚いこと

それでは順にお伝えします。

財務・会計を勉強する

やはり、経営者の方の中には営業バリバリである代わりに財務が弱い方が多いケースがあります。このような場合、資金繰りが甘かったり、最悪のケースになってしまうと従業員が横領をしているという場合もあります。

日々のお金の流れをチェックするとともに、社員や奥さんに財務・会計を丸投げするといった方法で管理をするのではなく、決算書についての基本的な知識は勉強すべきだと思います。

事業の現在と未来を把握

trend-1445460_960_720

銀行などの金融機関はお金を貸す立場です。そのため、本当に貸したお金が返ってくるのかを様々な角度・方法で分析し事業資金を貸し出します。

その中で、現在の決算状況が悪ければその理由を聞きますし、もし悪かった場合は今後どのようにプラスに転じていくのかを必ず聞いてきます。

社会の流れや、それに応じて自社の商品・サービスがどのように変化し売上に直結していくのか。もし、状況が悪ければ悪いほど明確に考えておかなければいけません。

資産について

やはり、銀行は貸したお金が返ってこない可能性を心配して担保をとるという方法をとってきます。その担保の代表格が不動産です。信用保証協会からの保証が得られれば、銀行にとっては貸出金が返済されなかったとしても、信用保証協会が代わりにお金を返してくれます。

そのため、信用保証協会からの保証は担保と同等の価値を持ちます。

ファクタリングの話などから少し趣旨がずれましたが、現預金などの資産を出来るだけ個人名でも良いので保有しておけば事業資金調達もスムーズにいくというものです。

事業資金調達としてファクタリングという方法の利点や注意点について

前置きが長くなりましたが、ファクタリングは事業資金調達の方法として、銀行やビジネスローンからの調達が出来ない方にとっては非常に利点が高いです。

なぜなら、銀行やビジネスローンの審査が通過されなかったとしても、その影響がないからです。

もう少し分かりやすくご説明すると、ファクタリングはあくまで売掛債権の信用度を審査するので、売掛債権を保有していて資金調達をしたい企業の信用度は重視しません。

良い取引の売掛債権であれば、資金調達が出来る可能性が十分にあります。ただし、注意点としては手数料が銀行から事業資金調達をする場合と比較すると、高いです。5~20%の手数料が必要になります。

ただし、売掛債権額から差し引かれた手数料ですので、多額の現金を支払う必要はありませんのでご安心下さい。

最も重要な点は良いファクタリング会社と取引をすることです。そのために最適なサイトがあります。「資金調達プロ」というサイトです。

こちらのサイトを利用すれば、まずは無料でファクタリングが活用できるか診断を受けられます。

資金調達プロは今まで1万社以上の利用実績がある信頼できるファクタリング会社紹介サイトです。全国にあるファクタリング会社1,000社以上と連携をしています。

そのため、仮に無料診断後にファクタリングが利用出来ることが分かり、実際に利用したいのであれば、スピーディーにファクタリング会社を紹介してもらうことも可能です。即日の資金調達もスムーズに行えます。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は後ほどリンク先をご紹介します。そのリンク先で無料診断をされてみてください。

広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。

その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがあります。

ファクタリングに関するありとあらゆる疑問点などがございましたら、資金調達プロのサポートセンタースタッフに相談されてみても良いでしょう。丁寧に回答していただけるはずです。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私も以前「資金調達プロ」を利用しました。

担当者の方も非常に親切でしたし、紹介されたファクタリング会社もしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

迷ったら無料ですので、まずはサイトに必要事項を入力されてみてください。ファクタリングを利用するかどうか迷っていらっしゃったとしても、利用できるかどうかを明確にしておけば、御社としての資金調達方法の選択肢の幅が広がるはずです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。ファクタリングの契約の仕組みについて少しでもご理解が深まっていただけたら幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ