ファクタリングはノンバンクに断られても利用可能

事業資金調達.jp編集部です。記事をご覧頂きましてありがとうございます。今回は、ノンバンクからの借入を断られた時に、資金調達をする方法としてファクタリングを活用出来るのかどうかについてご説明させていただきます。

ノンバンクに断られる理由は

そもそも、ノンバンクに借入を断られた理由とはどのようなものなのでしょうか。ノンバンクは銀行よりも審査が緩いことが特徴として挙げられます。ただし、借入の延滞や破産などの信用情報に大きな傷がついてしまった場合は利用できない場合があります。

少しだけ銀行とノンバンクの違いをご説明します。銀行については信用情報はもちろんですが、それに追加して事業計画がしっかりしたものであるのかどうか、お金の使い途に不明点はないのか、業績推移はどうなのかについて非常に精密な審査が行われます。

ノンバンクは独自の審査基準がありますが、銀行ほど審査が緩くはないにしても、信用情報に傷があれば借入するのは難しいケースがあるでしょう。

そのため、信用情報に大きな傷がある場合でノンバンクに審査を断られた場合は違う方法で資金調達をしなければいけなくなります。

自社の信用情報が関係ない資金調達手法

自社の信用情報に大きな傷があったとしても、諦めることなく真面目に事業を継続されている企業様は多くいらっしゃるかと思います。そのような企業が利用できる資金調達手法として、事業資金調達.jpでは「ファクタリング」という資金調達手法をご紹介したいと思います。

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達をする手法です。その際に重要になるのは、売掛先企業の状況です。そのため、自社の信用情報はあまり関係ないのです。資金繰りに非常に助かる方法なのです。

ファクタリングとは

ファクタリングのことをご存知でない方も多くいらっしゃるかもしれませんが、経済産業省が認める資金調達手法です。注意点としては売掛債権を買い取ってもらうのですが、その際に手数料を差し引いた形で資金調達が出来ます。

その手数料は5~25%程度ですが、その違いは売掛先企業の信用情報によって変わりますので、自社の信用情報とは無関係な部分です。そのため、信用情報が悪い場合でも利用できるのです。

また、大きなメリットとしては、早ければ即日資金化も可能である点です。ただし、売掛金がないと利用出来ませんし、毎月安定的な売掛金でないといけないのが条件となります。

まとめ

ノンバンクに借入を断られた企業様は、他の資金調達手段としてファクタリングをご検討されてみて下さい。

最後にファクタリング会社を無料で紹介してくれる「資金調達プロ」というサイトをご紹介します。

既に1万社以上が利用した実績があるサイトですので安心です。また、全国1,000社以上のファクタリング会社と提携しているため、御社に最適なファクタリング会社を紹介してくれます。

たった10秒ほどの入力で無料診断が完了します。ご興味があれば下記広告をクリックし、資金繰りを改善出来る可能性のあるファクタリングが活用できるかどうか確認してみてください。

診断のための入力後に「資金調達プロ」のサポートセンタースタッフから電話でヒアリングがあり、仮にファクタリングが利用出来るのであれば無料でファクタリング会社を紹介してもらえます。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。ファクタリング御社の資金調達が上手く行くいけば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ