ファクタリングのメリットとデメリットについて

ファクタリングは最近注目を集めている資金調達手法です。どのような利点や不利な点があるのでしょうか。

ファクタリングのメリットとデメリットをご説明させていただきます。

ファクタリングのメリット

303f31ca997db2ec862274c603641375_s

ファクタリングの大きなメリットの一つは早ければ即日の資金調達が可能である点です。銀行などの金融機関で借入を申込した場合は、ケースバイケースではありますが、一般的には早くても1週間ほどの時間が必要になります。

しかし、ファクタリングについては売掛債権先の企業やファクタリング会社との契約がスムーズに進めば即日の資金調達も可能です。

これは資金繰りに苦しむ中小企業にとってはかなり大きなメリットといえるのではないでしょうか。

その他にもまだまだ挙げられる事柄があります。

ファクタリングは負債にならないというメリットが

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

一般的な資金調達では借入金が発生します。短期借入金であれば貸借対照表の右上、長期借入金であれば貸借対照表の右真ん中あたりが膨らみます。
そして、バランスシートの左上の現金が増加し、文字通り「バランス」します。

ファクタリングを活用した時の会計処理では、負債が全く増えません。

まず、売掛債権をファクタリング会社へ渡す時に「売掛債権」(流動資産)→「未収入金」(流動資産)へ変化します。そして、実際に現金化する際には「未収入金」→「現金」+「売掛債権譲渡損」(これはファクタリング会社へ支払う手数料です)となります。

負債が増加しないことで、その企業にとっては金融機関からの資金調達をする際に受けなければいけない審査に悪影響を受けずにすむという大きなメリットがあるのです。

ただし、売掛債権譲渡損失は損益計算書上では雑損失などにカウントされるので、金融機関にファクタリングを利用したことは分かるかと思います。

ファクタリングのデメリット

では、ファクタリングにデメリットはないのでしょうか。まず、ファクタリングには2社間取引と3社間取引というものがあります。2社間取引であれば、利用者とファクタリング会社しか登場人物はいません。

しかし、3社間取引でないといけない場合があり、その時はお取引がある売掛債権先の企業にファクタリングを利用していることが判明してしまいます。取引先に資金繰りに困っていることがバレてしまうのは、交渉をする上での大きなデメリットと言えるかもしれません。

そのデメリットとしては、ファクタリング会社へ支払う手数料の高さも挙げられるでしょう。一般的な金融機関からの調達レートは1~3%ほどですが(市況によって変わることを留意ください)、ファクタリングは5~20%ほどです。これは非常に高い費用と言わざるをえません。

ファクタリングはメリットとデメリットを考慮して利用しよう

ファクタリングのメリットとデメリットについてご説明しました。やはり、利点もあればその逆もまた然りです。

メリット・デメリットについて考えることも重要ですが、まずは実際にファクタリングが活用できるかどうかを診断することも重要ではないでしょうか。そもそも活用出来ないことについて悩むのは時間が無駄になってしまう可能性もあります。

まず、ファクタリングを活用できるかどうか確かめたい方は、無料で診断をしてくれる「資金調達プロ」というサイトを利用されてみてはいかがでしょうか。

資金調達プロは今まで1万社以上の利用実績がある信頼できるファクタリング会社紹介サイトです。全国にあるファクタリング会社1,000社以上と連携をしています。

そのため、仮に無料診断後にファクタリングが利用出来ることが分かり、実際に利用したいのであれば、スピーディーにファクタリング会社を紹介してもらうことも可能です。即日の資金調達もスムーズに行えます。

加えて、資金繰り改善率は93%ともうたっていますので、安心出来ます。

資金調達プロで無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は後ほどリンク先をご紹介します。そのリンク先で無料診断をされてみてください。

広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。

その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがあります。

ファクタリングのメリット・デメリットなどの不安点について、資金調達プロのサポートセンタースタッフに相談されてみても良いでしょう。丁寧に回答していただけるはずです。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私も以前「資金調達プロ」を利用しました。

担当者の方も非常に親切でした。また資金調達プロから紹介されたファクタリング会社にもしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

迷ったら無料ですので、まずはサイトに必要事項を入力されてみてください。ファクタリングを利用するかどうか迷っていらっしゃったとしても、利用できるかどうかを明確にしておけば、御社としての資金調達方法の選択肢の幅が広がるはずです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。ファクタリングのメリットとデメリットについて、読者の方のご理解が深まっていただけたら幸いです。

2 Responses to “ファクタリングのメリットとデメリットについて”

  1. […] それ以外のファクタリングのデメリットについて知りたい方はこちらの記事「ファクタリングのメリットとデメリットについて」をご覧いただけたらと思います。 […]

  2. […] ※分かりやすい解説をしているサイトを見つけたので、参考にしてください → ファクタリングのメリットとデメリットについて […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ