日本政策金融公庫の融資審査について

日本政策金融公庫は会社経営者や個人事業主、起業したての会社に強い味方で味方です。融資審査は簡単に通ると思われがちですが実はしっかりとした対策を取らないとお金を借りることはできません。

実際に日本政策金融公庫の専用ダイヤルに融資審査について問い合わせたところ、経験・事業計画、自己資金の額でほぼ決まるようです。今回は日本政策金融公庫でお金を借りたい人へ向けて融資審査についてご説明させて頂きます。

日本政策金融公庫の融資審査

ではどのような経験、事業計画、自己資金が日本政策金融公庫の融資審査について必要かについてご説明させていただきます。

新規事業の分野での経験

shield-1345511_960_720

日本政策金融に関してですが、新たに事業を立ち上げる場合に融資を申込む場合(例えば飲食店に開店など)は最低でも飲食業界での経験が2,3年は必要であるようです。6年以上の経験がある場合はかなり有利に審査を受けることができるようです。その上6年以上あれば無担保、無保証人の融資にも申し込むことが可能です。

仮に経験が無い場合、融資審査に通ることはかなり厳しく、まずは最低でも1年もしくは2年ほど他のお店や、会社に入社して経験を積んでから申込みをするようにと申込み書類すら受け取ってもらえない可能性があります。

事業計画

日本政策金融公庫ではあいまいで明確でない事業計画はもちろんご法度ですが、それ以上に融資審査について担当者が見るところは数字を甘く設定していないかどうかのようです。実際に見込みの収支を楽観的に予想している経営者の方が多いようです。

特に日本政策金融公庫の融資について言えば、飲食業などの集客が必要な事業を始める場合は開業する場所、店舗の改築もしくは新築、どのような内装か、最寄駅の規模、人口数や地域性などに基づいて事業の予測収支を立てなければなりません。

自己資金

自己資金の額によってどれくらい創業するにあたってお金を堅実に貯めたのかでどれだけ事業に関して熱意があるかを日本政策金融公庫から判断されます。額の大きさはあまり関係なく、創業するにあたって自己資金が創業にかかる総資金の半分、もしくは半分以上あるばあいはかなり融資審査に通りやすくなるようです。

もし自分にお金が無い場合でも両親や祖父母、兄弟など親族にお金があることをアピールすることもできるようです。日本政策金融公庫では親族の金融資産の額なども聞かれるケースも実際にあるようです。

最後に

いかがでしたでしょうか?日本政策金融公庫の融資審査についてお分かりになられたでしょうか?以前は銀行よりも融資審査が通りやすいと言われていましたが現在は銀行と同じぐらい難しくなってきています、しっかりとした対策を行うことで乗り越えていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ