中小企業が生き残る為に必要な資金調達方法について

中小企業が生き残る為には様々な要素が必要になります。当サイトは事業資金の調達方法についてお伝えしていますので、資金調達に的を絞って生き残り戦略についてご説明させていただきます。

中小企業が生き残る為には

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s

中小企業の経営者の方や個人事業主の方はご存知かもしれませんが、事業を開始してから5年後に存続している企業が15%、10年後に存続している企業が4%という数値があります。これは企業生存率という指標で国税庁などの資料から引っ張ってこられた数字のようです。

ただし、数字が本当に実勢に則したものであるかどうかの意見もありますので、鵜呑みにしてはいけないのかもしれませんがそれだけ中小企業が存続していくことは難しいことに変わりはないかと思います。

そんな状況で中小企業が生き残る為には様々な要素が必要になります。私が銀行員として勤務していた時に長く継続している会社は以下の要素が必ずありました。

1.営業力やマーケティングの強化
2.組織作り
3.財務強化

中小企業が生き残る為のポイント

6cd0862d25becc58c369529bb463407e_s

やはり、営業力がある会社や商品・サービスが勝手に売れていく仕組みを構築しているようなマーケティングが上手くいっている会社は売上が伸びていきます。

また、社員教育がしっかりしている会社は組織の力が強固な場合が多く、中小企業でよく言われる「優秀な人材がいない」という状況ではありませんでした。

中小企業でよくあるケースを少し紹介します。

社長は誰よりも働き者で頑張っているのですが、社員の中に右腕として成長する人がおらず、悲しいことですが「社長が会社で浮いている」みたいな状況に陥っているケースがありました。こういった会社は社長の力がある場合はある程度までは会社が成長するのですが、社員数は5~10数名までが限界で、売上が頭打ちになります。

社長が社員教育などの組織作りを避けるとこのような状況になってしまいます。社員教育をしておらずビジネスパーソンとして成長が出来ない会社にずっと勤務する社員はやはり成長意欲が低い社員が多く、結果として会社は現状維持もしくは売上減少に陥ってしまうのでしょう。

売上が現状維持の状態であれば良いのかもしれませんし、それぞれに社長の器や会社の器というものがありますので、それは人それぞれ会社それぞれのやり方があります。何が正しくて何が間違っているかなどは誰も決めつけることはできないでしょう。

話が少しずれてしまいましたが、やはり中小企業が生き残れなくなるというのは様々な要素はある物最終的にはキャッシュ不足となって「倒産」してしまうしかありません。

中小企業が存続出来ない理由はキャッシュ不足が主な理由

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_m

会社を倒産させないためには、ある程度の資金をプールしておくような企業経営の状況を作り出すことです。キャッシュ・フローを良くするような取引を心がけることで資金不足を解消できるはずです。

キャッシュ・フローを改善するためには支払うお金は遅く、入金は早くするということが鉄則です。私も銀行員として勤務していた頃はそれが全てだと考えていたのですが、会社を経営するようになって「うん?なんか会社が上手くいくためにはそうじゃないのかも・・・」と思う場面に出くわす機会が度々ありました。

上手く行っている会社であればあるほどキャッシュ不足になるのではないかと心配になるほど取引先への支払いが早いケースがよくあるのです。支払いは遅くして入金は早くというのは実際にセコい面もあるんですね。

セコい経営者にはセコい企業やセコい人が群がりますし、そういった会社はセコくすればセコくするほど経営が悪化していくというような状況があります。元従業員から退職金の支払いを要求されてケチって断ってしまったがために更に多額の退職金を請求されてしまう場合など、セコさが生んだ悲劇とも言えるかもしれません(すみません、ちょっと言い過ぎかもしれません)。

そのような労使トラブルではないにせよ、やはり、支払いが早い企業はその会社から入金を待つ取引先としては非常に感謝され、また良い仕事が舞い込んでくるという状況が生まれてきます。

経営者として仕事をしていると、銀行員としての経験が全てではないと本当に思い知らされます。

話がかなりそれましたが、中小企業として倒産してしまう場合は結局のところキャッシュ不足が主な理由でしょう。他に挙げられる理由としては、後継者不在である場合などがあるでしょうが、基本的にはキャッシュ不足が倒産の理由だと思います。

その倒産の原因ともなるキャッシュ不足を補うためには毎月のキャッシュ・フローがどのように推移していくかを把握して資金不足にならないよう細心の注意を払うようにして下さい。

ダメな経営者の特徴として、取引先への請求を催促出来ない場合などもあるので、伝えるべき事柄はしっかりと伝えるようにして下さいね。中小企業が生き残る為には自己主張も必要なのです。

生き残る為の資金調達方法について

前置きが非常に長くなりましたが、中小企業が生き残る為には資金調達先を確保しておく必要があります。よく、従業員の給料の支払いをストップしたり、従業員からお金を借りる経営者がいますが、そのような状態を回避する方法をしっかり把握しましょう。

当サイトでオススメしている方法の1つにファクタリングという資金調達方法があります。受取手形や売掛金などの売掛債権をファクタリング会社に売却することで資金調達をする方法です。

この方法の素晴らしい点と、資金調達なのに借入金が増えない点です。また、早ければ即日の入金も問題ないということで非常に重宝する方法であると言えることが出来るかと思います。

具体的にどのようにファクタリングの申し込みをすれば良いか後述します。

最後に

ファクタリングですが、御社に最適なファクタリング会社を紹介してくれる「資金調達プロ」というサイトを最後にご紹介します。

資金調達プロは今まで1万社以上の利用実績がある信頼できるファクタリング会社紹介サイトです。(ファクタリングのサービスを行っている悪徳業者がいまだにあるようです。そのような悪徳業者を避けたい方は、資金調達プロを活用して下さい)

全国にあるファクタリング会社1,000社以上と連携をしています。東京内にはファクタリング会社が数多くありますが、地方ではなかなか見つけられない場合もあるでしょう。そんな時にも資金調達プロは全国対応ですので、有効活用できます。

仮に無料診断後にファクタリングが利用出来ることが分かり、実際に利用したいのであれば、スピーディーにファクタリング会社を紹介してもらうことも可能です。即日の資金調達もスムーズに行えます。

資金繰り改善率は93%とも資金調達プロはうたっていますので、「実際に資金繰りが改善されるのか」と心配の方も安心出来るのではないでしょうか。

資金調達プロを活用し、無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は後ほどリンク先をご紹介します。そのリンク先で無料診断をされてみてください。

広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。

その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがあります。

ファクタリングはなかなか馴染みがない資金調達方法なので、「取引先に知られなくない」という中小企業の経営者の方は多いです。そんな時は、資金調達プロのサポートセンタースタッフに相談されてみて下さい。売掛先に通知しない2社間ファクタリングという契約がOKなファクタリング会社を紹介してもらえるはずです。

そもそも無料ですので、中小企業の経営者の方でどうしても生き残る為に資金調達しなければいけない方は試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

実際に、私も以前「資金調達プロ」を利用しました。

担当者の方も非常に親切でした。また資金調達プロから紹介されたファクタリング会社にもしっかりと対応をしてもらい、結局問い合わせから3日で約200万円を調達し、社員の給料を払う事が出来ました。

なんどもお伝えしてしまい恐縮ですが、そもそも無料ですので、まずはサイトに必要事項を入力されてみてください。

また、ファクタリングを利用するかどうか迷っていらっしゃったとしても、利用できるかどうかを明確にしておけば、御社としての資金調達方法の選択肢の幅が広がるはずです。

そして、既に1万社が利用した実績があるサイトですので、個人情報の管理も問題ありませんので安心して下さい

それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。中小企業の経営者の方が生き残る為に少しでもお役に立てたら幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ