中小企業が損害賠償請求を払えない場合にとる対策について

中小企業が損害賠償請求をされて払えないという状況の場合、どのような対策を講じれば資金調達出来るのかについて、元銀行員として金融機関に勤務していた私がお伝えさせていただきます。

中小企業が損害賠償請求をされるパターンとは

d8d60c6ec179dd508a7ebfa0a52b55cb_s

そもそも、どのような時に損害賠償請求をされるのでしょうか。これには本当に様々なケースがありますし私は法律の専門家でありませんので一概には言えませんが、少し考えてみましょう。

例えば、最近はドラマでよく弁護士を題材にしたものがありますが、丁度最近観たばかりでしたので一例にします。

会社の取締役でもある社長夫人が社員を引き抜いて独立した場面があるドラマでありました。その際、社長である夫が社員を引き抜いて独立した奥様を損害賠償で訴えていました。なかなか感慨深いシーンでした。

何かしらの損害が会社に発生した場合、その原因を生み出した人や会社に対して損失を被った会社が損害賠償を請求するという場合は損害賠償請求にあたるとだと改めて理解しました。そのような場合、会社として何が困るのかというと、突発的に発生した損害賠償請求を支払うお金をどのように調達するのかではないでしょうか。

もともと資金が潤沢な中小企業ばかりではありません。資金繰りが厳しい時期に突然損害賠償を請求されてすぐに支払えるような財務体質であれば問題ないのですが・・・。

また、支払う時期についても請求額全額をまとめて支払うような場合や毎月支払う場合など案件によって様々なケースがあるはずです。

損害賠償請求を払えない中小企業

損害賠償請求を受けて、法律上支払わなければいけない状況に追い込まれてしまったら、資金調達をする必要も出てきます。銀行取引が円滑にいっていて当座貸越契約などをしている中小企業であれば、そのような資金であったとしてもすぐに支払うことが出来るでしょう。

しかし、このページを御覧頂いている中小企業の経営者の方はおそらく払えない状況で困っていらっしゃる方ではないかと思います。すぐに資金調達をする方法が知りたいのではないでしょうか。

色々なご不安があられるかもしれませんが、安心して下さい。方法は色々あります。

即日の資金調達も可能な方法


8a5e58d3fc326047edc878e3152cce8f_s
損害賠償請求を払えない場合だけではなく、突発的な資金調達の必要にかられてかつ銀行からの資金調達が難しい場合であれば活用できる方法でもありますので、損害賠償請求をされていない経営者の方にもご覧いただけたらと思います。

下記資金調達方法があるかと思います。

1.ファクタリング
2.手形割引
3.不動産担保ローン
4.ビジネスローン
5.銀行からの資金調達

これらの中でも、銀行からの資金調達も出来ず、不動産資産もない会社でビジネスローンでも否決されてしまったという本当に困られている場合の奥の手として「1.ファクタリング」が活用出来るかと思います。

このファクタリングは受取手形や売掛金などの売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。自社の財務状況に無関係で売掛債権先企業の状況が悪くなければ資金調達が出来ます。

損害賠償請求が払えない中小企業の方でこまっていらっしゃる経営者の方は下記無料診断サイトで診断をし、ファクタリングが利用できるかどうかご確認するのも手段の一つではないでしょうか。

最後に

最も資金調達をする際の審査のハードルが低いと言われているファクタリングですが、悪徳業者などもいるのが現状です。そんな悪徳業者を避けるためにも、「資金調達プロ」というファクタリング会社を紹介してくれるサイトを活用するのも手段の一つです。

資金調達プロは今まで1万社以上の利用実績がある信頼できるファクタリング会社紹介サイトです。

全国にあるファクタリング会社1,000社以上と連携をしています。地方ではなかなかファクタリング会社を見つけられない場合もあります。そんな時、資金調達プロは全国対応ですので、有効活用できます。

仮に無料診断後にファクタリングが利用出来ることが分かり、実際に利用したいのであれば、スピーディーにファクタリング会社を紹介してもらうことも可能です。即日の資金調達もスムーズに行えます。

 

損害賠償請求などで突然の出費がある場合でも、税金滞納中での税金支払いが資金使途であったとしても大丈夫です。そのため、損害賠償請求の支払いも問題ないです。

資金調達プロを活用し、無料でファクタリングが利用できるか診断したい方は後ほどリンク先をご紹介します。そのリンク先で無料診断をされてみてください。

広告リンク先のページで希望金額・御社の所在地・翌月の売掛金額・翌々月の売掛金額・売掛先への通知の可否・御社の名前・メールアドレス・電話番号などを入力すれば無料診断ができます。

その後、サポートセンタースタッフから電話があり、丁寧にヒアリングがあります。

中小企業の経営者の方で損害賠償を請求されて支払うお金はないものの、売掛債権は毎月安定的に発生しているという経営者の方・経理担当者の方は、資金調達プロのサポートセンタースタッフの方に、いつまでにいくらの金額を支払わなければいけないかお伝えしてみてください。

丁寧に回答してくれるはずです。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

また、ファクタリングを利用するかどうか迷っていらっしゃったとしても、利用できるかどうかを明確にしておけば、御社としての資金調達方法の選択肢の幅が広がるはずです。

そして、既に1万社が利用した実績があるサイトですので、個人情報の管理も問題ありませんので安心して下さい

それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。損害賠償金の支払いに困っている方や弁護士への相談費用などがかさんでいらっしゃる方のお役に少しでも立てたら幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ