日本政策金融公庫の融資~審査のポイント

日本政策金融公庫は一般の金融機関からお金を借りることが難しい個人事業主、中小企業のために政府が作った金融機関という側面もあります。

そのため、審査も銀行に比べると通りやすく、金利も低いため公庫からお金を借りたい人や会社は多いですが、ポイントを外してしまえば審査になかなか通りません。

今回は日本政策金融公庫の融資に通過するための審査のポイントについてご説明させて頂きます。

日本政策金融公庫の融資~審査のポイント

22fa53edc162fbda27d80ffd99580d01_s

日本政策金融公庫で融資を受ける場合の審査を通るポイントは以下のように3つ挙げられるでしょう。

①融資申込みが初めてである場合は融資額を200万円から300万円までの小口にする

②時間に余裕をもって融資を申し込むこと

③お金を貸しても返してもらえるという印象を担当者に与えること

以上の3つのポイントの対策をしっかりと取ることで審査に通る確率はぐんっと上がります。ではどのようにすれば良いのか具体的にご説明させて頂きます。

日本政策金融公庫の融資~審査の3つのポイント

ae55ed61c64ed4bd03caf7d282d1cd81_s

①借入金額を小口にする

起業したての企業経営者や個人事業主の方についてですが、初めて日本政策金融公庫に融資を申し込む人は融資金額を小口で申し込んだ方が無難でしょう。当然、いきなり大口で融資を申し込むよりも審査に通りやすくなります。例えば200万円や300万円ほどで申し込むと良いでしょう。

ソフトバンクの孫正義さんなどは若かりし実績がそこまでない頃に1億円程の金額を借り入れたという逸話がありますので、そのような強者の方はチャレンジしても良いのかもしれませんが、一般的には小口からのスタートにしましょう(夢がないかもしれませんが・・・)。

やはり、実績もないのにいきなり大口で申し込むよりも審査に通りやすくなります。特に初めて融資申込む場合は、たとえ審査に通っても希望した融資金額の全額を融資してもらえるとは限りません。300万円で申し込んでも200万円、もしくは150万円になる場合もあります。

この金額の差異が生まれる理由は、借り入れする経営者の個人の資産や会社の資産、資金使途と金額の妥当性などが日本政策金融公庫だけではなくほぼ全ての金融機関での借入の際には影響します。

②余裕を持った借入スケジュールとする

2回目、3回目以降の融資の申込みの場合は既に実績があるため審査に時間がかかりません。しかし初めて融資を申し込む場合は申込み書類の提出から実際に融資を受けるまで1か月はかかると思っておいた方が無難です。

特に書類の作成には思った以上に時間がかかります。時間が足りないからと言って書類をおろそかにすると審査に通らない場合もあります。融資が振り込まれるまでの期間の運転資金は最低限用意しておいた方が良いかと思います。

③事業の堅実さ・人柄の誠実さのアピール

お金を貸す側は確実にお金を返してくれる相手にお金を貸したいものです。お金を確実に返す人とは約束を必ず守る誠実さがある方です。また、しっかりとした経営計画やビジョンを持っている経営者は堅実に会社の売上を伸ばしていく可能性が高いです。

融資の審査でそのように印象付けるには、面談で事業計画や創業計画をプレゼンするだけでは足りません。融資申込書の読みやすさや提出期日の遵守などの普段の行動からも判断されることも忘れないでおきましょう。

実際に私が勤務していた金融機関は日本政策金融公庫ではないのですが、その銀行では経営者の人柄が格付けの点数に反映されていました。

最後に

上記のポイントをある程度押さえておき入念な準備を怠らずに審査に挑めば、通るのが難しいと言われる日本政策金融公庫からの融資の審査をクリアする事が可能かと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ