売掛金ファクタリング術で資金調達をする方法

当サイトでは事業資金の調達方法を解説しているサイトです。今回は、売掛金を活用したファクタリングという資金調達方法についてご説明させていただきます。

ファクタリングとは

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

まず、ファクタリングとはどのようなものなのか解説させちていただきます。

ファクタリングとは「売掛債権をファクタリング会社に売却することで資金調達をする方法」のことです。

初めてこの言葉を聞かれた方は、「色々な資金調達方法があるのだなぁ」と思われたかもしれませんし、「なんか横文字が並んでいて怪しい方法なんじゃないの?」と思われたかもしれません。ですが、実は経済産業省も認める資金調達方法なのです。

以下の文章をご紹介します。

中小企業では自己資本の比率が27.3%であるのに対し、借入金の占める割合が40.7%と高く、金融機関の貸出態度の影響を受けやすい資金調達構造となっている。売掛債権を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である。

参考:http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/keizai_prism/backnumber/h19pdf/20073801.pdf

という見解までされています。まだあまり周知徹底がされていないものの、非常に有効な資金調達手段であることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

このような資金調達方法であるファクタリングですが、その条件や気をつけるべきポイントについて以下で解説させちていただきます。

ファクタリングは売掛金がマスト

まず、ファクタリングを利用するにあたって、売掛金などの売掛債権があることが条件です。追記するとすれば、毎月安定的に資産計上される売掛債権であることが条件となります。それがなければ、ファクタリングを利用することは出来ませんのでご注意して下さいね。

それ以外の条件は実は特にありません。ただし、気をつけるべきポイントはあります。

ファクタリング利用の際に気をつけるべきポイントについて

気をつけるべきポイントは以下の3点です。

1.手数料
2.債権譲渡登記が必要な場合がある点
3.債権譲渡の手続きの際に、顧客へ承諾が必要な場合がある点

順にご説明をします。

まず手数料についてですが、手出しで支払うというよりかは、その手数料の分だけ目減りするというイメージです。仮に売掛債権300万円で手数料が10%必要であった場合は、270万円を資金調達出来るということです。この手数料については、売掛債権先の企業の信用力によって変化します。

次に、債権譲渡登記が必要な場合がある点についてご説明します。売掛先との取引内容によるのですが、売掛債権をファクタリング会社に譲渡をする際、債権譲渡特例法に基いて、債権譲渡登記を行わなければいけない場合があります。ファクタリング会社によって変わりますし、やはり売掛先にはあまり知られたくない情報ですので、事前に確認をしましょう。

最後に、債権譲渡の手続きの際に、顧客へ承諾が必要な場合がある点についてご説明します。ファクタリングの登場人物は主に三社あります。①売掛先企業②自社③ファクタリング会社です。今ご紹介した三社間での取引になってしまう場合は、売掛先企業から承諾をもらわなければいけません。この交渉や手続きに手間暇がかかってしまいます。

最後に

ファクタリングを活用することで、資金繰りを改善させて経営を立て直す事が出来る場合が多々あります。

そのため、資金繰りに苦しんでいらっしゃる中小企業の経営者の方などで、銀行・ノンバンクからの資金調達を断られた場合は、是非とも売掛金を活用したファクタリングによる資金調達をご検討されてみてはいかがでしょうか。

もしご興味があればご覧いただきたいのですが、最後にファクタリング会社を無料で紹介してくれる「資金調達プロ」というサイトをご紹介します。

既に1万社以上が利用した実績があるサイトですので安心です。また、全国1,000社以上のファクタリング会社と提携しているため、御社に最適なファクタリング会社を紹介してくれます。

たった10秒ほどの入力で無料診断が完了します。ご興味があれば下記広告をクリックし、資金繰りを改善出来る可能性のあるファクタリングが活用できるかどうか確認してみてください。

診断のための入力後に「資金調達プロ」のサポートセンタースタッフから電話でヒアリングがあり、仮にファクタリングが利用出来るのであれば無料でファクタリング会社を紹介してもらえます。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。ファクタリングで売掛金を御社の資金調達に上手く活用していただけたら幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ