融資の審査が通らない理由や驚きエピソードを元銀行員が解説

私は銀行員として10年ほど勤務した経験があります。今のビジネスで関わりのあるお客様にも私の職歴を知っていただいています。そのため、度々「なぜ融資の審査が通らないのか」という質問を受けることが度々あります。

銀行員として勤務している時は公言できなかったのですが、退職してしばらく時間も経過しているため、当サイトでも解説させていただきます。

融資の審査が通らない理由

623238a1e6fb11d90cc498b00582359e_s
融資の審査でチェックしているポイントは、企業の業績・財務状況・担保の有無・事業計画等です。この全ての条件が良ければもちろん、融資は普通に通過します。

ですが、良い条件ばかりではありません。私が勤務していた銀行では所属する支店などにもよりますが、100社からの申し込みがあって融資がOKがでる案件は20~30%程度でした。そこまで高い確率ではないですよね。

先程お伝えしたポイントを抑えているのに借入が出来ないというのはありえません。もし、この記事をご覧の方で融資が通らない方は「企業の業績・財務状況・担保の有無・事業計画等」を再度チェックしてください。

こんなことがあり得るの!?銀行の変な話

先程お伝えしたポイントを全然抑えていなくても融資が出た事例を実は私は銀行員時代にみました。本当、銀行ってつくづく変だなぁという話です。

飲食店を経営されている個人事業主の方が債務者でした。業績も芳しくなく、担保となるような資産も全然ない方でした。しかし、人脈を活用して借入をされていました。

その個人事業主の方はある有力者に保証人に入ってもらうことで融資を受けていたのです。有力者とは、私が勤務していた銀行の大口取引先の社長です。その企業は全国的にも知名度は高いはずです。

「こんな財務状況や業績なのにまだお金が借りれるのか・・・」と思えるほどでしたが、このような人脈を活用して融資の審査が通ってしまうことを目の当たりにしました。

まだまだ変な融資の審査エピソード

1289ffd43105728951f036ba722ac756_s
他にも業績や財務状況に全く問題がないのに審査が否決されるエピソードはあります。それは「決裁権限のある役員の個人的な感情」に起因するものです。

簡単に言うと「あの会社は嫌いだからお金を貸したくない」という理由です。

その企業は全国的にチェーン展開している小売業で、私の先輩が担当していました。非常に営業力のある先輩でしたので、融資の案件をどんどん引っ張ってきていました。

支店内の信頼もかなりある先輩でしたので、一生懸命になって稟議書(社内の融資が承認されるか否決されるかこの稟議書で決まります)を作り、それが所属支店内では承認が得られるのですが・・・。

稟議書が支店から本部の担当者までの承認を得て、その後、最終的な責任者である役員に辿り着くと否決されるという事が度々ありました。支店内で結構話題になるほどでした。

支店長が本部の担当者に確認をとると、「役員の〇〇さんがあの会社は嫌いだから」という理由で審査が通らない状況になってしまったとのことでした。先輩が悔しがる表情は今でも忘れられません。

まとめ

融資の審査が通らない理由にまつわる話をご紹介しました。

企業の業績や財務状況、事業計画などを担当の銀行員は必死に分析します。ですが、最終的な権限がある決裁者の好き嫌いにはかなわないという現実が銀行ではありました。

一方、銀行のVIP先社長が保証人になった個人事業主にはお金を貸しているというエピソードもお伝えしました。

このような属人的な審査が終わり、ビジネスに真剣に取り組んでいる方に公平に融資をするような銀行が少しでも増えればと願っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ