信用保証協会の審査期間はどのくらい必要になるの?

資金計画を立てる場合、信用保証協会でサポートを申込んで、実際に金融機関で融資が下りるまでの審査期間は一体どれくらいなのかということが重要になってきます。なぜならばその間の運転資金は自分で用意をしなければならないからです。

では実際にどのくらいかかるのでしょうか?実はその人によって期間は違ってきます。それは一体なぜでしょうか?今回は審査の信用保証協会の審査期間についてご説明させて頂きます。

信用保証協会とは

unifdsc02732_tp_v

自営業者や個人事業主、創業したての会社、中小企業の大半の方は金融機関からお金を借りる場合信用保証協会を利用しています。簡単にご説明しますと信用保証協会とは融資を受ける人の「連帯保証人制度」となっています。

「連帯保証人?怪しい機関じゃないのか?」と不安に思う必要はありません。日本信用保証協会は公的機関になります。

審査とは?

信用保証協会に連帯保証人になってもらうには審査を受けなければなりません。では審査ではどこを見られるのでしょうか?

・資格があること

・資金使途

・返済能力

・経営者の資質

以上の4点が主な審査の基準になります。ではこれらの審査にかかる審査期間はどれくらいになるのでしょうか?ご説明させて頂きます。

信用保証協会の審査の期間について

unihkdsc02733_tp_v

審査期間はその人によって異なります。

・信用保証協会での利用が初めてもしくは継続か?

・お金の使い道

以上の2点によって審査期間は異なります。まずは利用が初めてか?もしくは継続か?という点です。

これはもちろんですが初めて利用する方の方が審査期間に要する期間は長くなります。既に利用したことがある人は以前の契約の際にきちんと返済をしていれば信用がつき、審査期間は短くなります。

次にお金の使途についてです。金融機関で借りたお金の使い道が運転資金もしくは設備投資に使われるかによって審査期間が異なってきます。

初めて利用する人は半月~1か月ほどの期間を見ておくと良いでしょう。既に実績のある方は早い人で1週間、遅くとも1か月以内と見ておくと良いでしょう。

審査期間の大まかな流れは以下のようになります。

①信用保証協会に申込み

②信用保証協会に書類提出

③担当者との面接

④審査

⑤結果報告

以上になります。申込み書類の不備などがあれば審査期間が1か月を超えてしまう場合もありますのでその間の運転資金は確保しておくと良いでしょう。

いかがでしたか?信用保証協会の審査期間についてお分かりになられたでしょうか?皆様の一助になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ