保証協会の審査で落ちた理由が分からない!理由は?

信用保証協会とは申込者がお金を調達できることを保証することを目的としています。中小企業、起業をしたい方、創業まもない会社などの金融をサポートして円滑に進めることを目的に、昭和28年に設立された公的な機関になります。

しかし意外に信用保証協会の審査は厳しく、落ちる方も多く、ほとんどの人が理由を知りません。一体どのような基準で見られているのでしょうか?

審査の目的

p1040577_tp_v

審査の一番の目的は一体何でしょう?それは「この人はお金をきっちりと滞りなく返済するのか?」を見ることです。信用保証協会はいわばお金を借りたい人の「保証人」になるわけですからお金を返済してくれないと代わりに支払わなければならない必要があるからです。

審査の基準

信用保証協会はどこを見て「この人はきっちりと返済をしてくれる」と見なすのでしょうか?s審査の基準をまとめてみました。

・保証する資格があるのか

・資金使い道

・返済能力

・経営者の資質

以上の4つが主な審査の基準になります。では既に審査に落ちてしまっている人の落ちた理由について見ていきましょう。

信用保証協会の審査に落ちた理由と対策

もしあなたが信用保証協会の制度の審査に落ちたのならばその理由は4つ考えられます。

①保証協会が定める基準に達していなかった

②お金の使い道が運転資金や事業資金と見なされなかった

③返済能力を疑われて落ちた

④経営者としての能力不足だと思われて落ちた

などが主な落ちた理由になります。まず①ですがこれは信用保証協会のホームページを見てみると保証基準が記載されています。

対策方法はこの基準にご自身がクリアをされているかどうか、まずは確認をしましょう。

②資金使途が曖昧である場合や明らかに運転資金に使われないと判断された場合に落ちたことが多いですが当然ですよね。資金使途を明瞭にして運転資金として使うことを証明することが大切です。

③返済能力が無い人の保証人には誰だってなりたくはないですよね。落ちた理由に多いです。返済能力を証明するためには事業で利益を出すことが見込まれていることや利益が出なかった場合に資金を調達することができることを証明しなければなりません。

つまり事業計画や将来の展望をきっちりと説明することが大切です。資金調達ができると証明するために不動産やその他の資産を担保にすることもアピールすると良いでしょう。

④こちらは経営者の資質をみて「この人はダメだ」と思われた場合、審査に落ちた理由になります。一般常識やマナー、真摯に会社を経営することに向き合っていることをアピールしましょう。

いかがでしたでしょうか?信用保証協会の審査で落ちた理由がお分かりになられたでしょうか?皆様の一助になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ