信用保証協会の審査が厳しい状況になる条件について

銀行などの金融機関で融資を断られがちな状況で中小企業、零細企業、個人事業主、創業したての会社などにとって強力な味方になってくれるのが信用保証協会になります。公的機関が「保証人」になってくれる政策として申込者が年々増加しています。

これから日本でビジネスを始めたい方、住宅ローンしか組んだことのない個人事業主の方、中小企業の経営者の方に向けて今回は信用保証協会の審査が厳しい状況になる条件についてご説明させて頂きます。

信用保証協会とは?

business-people-1572059_960_720

信用保証協会とは金融機関で融資を受ける時に返済を保証してくれる公的機関になります。日本の政府が資金ぶりが厳しい中小企業や創業したての会社、個人事業主をサポートするための政策の一環として始めた金融機関になります。

中小企業が信用保証協会を活用するメリットはずばり「金融機関の審査が通りやすくなること」「融資額が大幅にアップすること」になります。国が返済を保証してくれるわけですから当然、金融機関は喜んで財政の厳しい会社にでもお金を貸してくれます。

私が銀行員として勤務していた頃も初めて融資取引をする企業は基本的に保証協会ありきでした。

仮にその企業が倒産して返済ができなくなってしまった場合も、信用保証協会が代わりに返済してくれる(代位弁済といいます)ため、銀行として融資をしてお金が回収できないリスクが大幅に軽減できるのです。

保証を受けるのが難しい厳しい状況について

信用保証協会で保証を受けるためには厳しい審査をうけて合格しなければなりません。ではどのような状況が審査に厳しい状況になるのかを続いてご説明させて頂きます。

信用保証協会の保証を得るのが厳しい条件とは一体何でしょうか?信用保証協会によると審査は4つのポイントで判断すると言うことです。

・保証に値する基準を満たしているのか?

・資金の使い道

・遅延なく返済ができるのか?

・経営者の能力

つまり以上の条件を満たしていなければ審査が厳しい条件になります。特に一番最初の「保証に値する基準」を満たしていないとかなり厳しい条件であることは間違いないでしょう。では保証の基準とは一体何でしょうか?続いてご説明させて頂きます。

保証を受ける基準

startup-593327_960_720

信用保証協会には利用条件があります。①企業規模(資本金・従業員数)②業種③区域、業歴の3つに分けられています。

例えば①の項目では小売業、飲食業の場合は資本金が5千万円以下、従業員数は50人以下であることなどです。②は殆どの業種は利用できますが農林漁業、金融業などは対象外です。③申し込み先の信用保証協会が管轄する地区で実際に事業を行っているかなどです。詳しくはHPをご覧いただくと良いでしょう。

※信用保証協会のHPはこちらです

最後になりますが、信用保証協会の審査が厳しい状況になる条件についてお分かりになられたでしょうか?皆様の一助になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ