売掛金の早期回収をするくらいならファクタリングを検討しよう

売掛金が多すぎると資金繰りが厳しくなりますよね。

そんな時に運転資金の借り入れが出来れば良いのですが、資金調達が出来ない状況だったり突然の出費が必要となり銀行融資の審査期間を待つ時間が無いような場合、銀行からではなく早急に資金調達をする必要性が出てくる可能性があります。

切羽詰まった状況になると、売掛金の早期回収を売掛先に依頼するかどうか検討される方もいらっしゃるかもしれません。ただ、売掛先に対して今まで積み上げてきた信用を失う危険性を孕んでしまいます。

売掛先に売掛金の早期回収の依頼をするくらいなら、ファクタリングを検討してはいかがでしょうか?

売掛先に売掛債権の早期回収依頼をする行為は悪い心証を与えてしまう

7fc373bfc523b236c4762dab82cde333_s

月末締め翌月末払いの売掛金があるとします。

翌月半ばにどうしても資金が必要になった時、売掛先に対して「いつも入金は翌月末払いなことは分かっていますが、急な出費でどうしても20日までにお金を振り込んで欲しい」という早期回収の依頼をすると、売掛先企業はどのように感じるでしょうか。

「あの会社はお金がないんだな」
「今まで月末締め翌月払いで良かったのに何か経営が悪化してきたのではないか」
「他の売掛先企業にはお願いしていないのだろうか(うちの会社を舐めているからお願いされているのではないか)」

などなど、あまり良い印象を与えないはずです。

少し違う表現になるかもしれませんが、従業員から給料の前借りを依頼されるようなイメージと近いのかもしれません・・・。

なかには「困った時はお互い様だから」という売掛先企業もいるかもしれません。やはり、売掛先企業にとっては仕事をいただいている立場ですから、ある意味弱い立場ですし。

ただ、売掛債権の早期回収を売掛先に依頼をする際は、相手の社長や経理担当者の人間性や企業の財務状況が悪くない先を選んで依頼するようにしましょう。

最短即日で回収出来る方法~ファクタリング

282889b44a95437ff6b2bced90236b6a_s

売掛金を早く回収したい方は、弁護士の方に債権回収を依頼することも検討して良いかもしれません。そういう時は既に売掛金の回収が遅れている場合でしょうから、売掛先企業に「回収を少し待って欲しい」というような話になっているケースでしょう。

弁護士に依頼するとなると多額の依頼費用がかかる場合もあります。そのため、そういう時はファクタリングという「売掛金を買い取ってもらう」サービスを検討するのも良いでしょう。

※ファクタリングについて詳しく知りたい方はファクタリングを図解で解説しているこちらの記事を御覧ください。

ファクタリング会社は売掛金を回収するリスクを負うため、その分手数料をとります。一旦、ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらったら、回収不能になってしまった際のリスクをゼロにすることが可能になります。

つまり、一旦ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらったら、売掛金の早期回収に悩む必要がなくなるのです。しかも、最短即日での現金化も出来るので、銀行融資の審査期間を待つ必要もありません。

「資金調達プロ」というサイトを活用すれば無料でファクタリングが利用できるか診断してくれます。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s 10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

資金繰りの悪化が影響して、売掛債権の早期回収を検討されている方はファクタリングを活用するのも手段の一つです。御参考にしていただけたら幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ