買掛金が払えない!支払保留を依頼する前にファクタリングを検討!

買掛金が支払えない時、経営者としては支払う時期を伸ばしてもらうなどの支払保留を買掛先にお願いする方もいらっしゃるかもしれません。

すぐに資金調達が出来るような財務状況であれば問題ないのですが・・・。そんな買掛金が払えない状況で支払保留をお願いする前に、ファクタリングという資金調達方法を活用することも検討してみてはいかがでしょうか。

買掛金の支払保留の依頼方法

0eb08e9bb67dfec5564d241ad4a854c3_s

資金調達をする前に買掛金の支払保留を取引先にお願いをされるかもしれません。そういった場合どのような方法でお願いすると買掛先に受け入れてくれるものでしょうか。

その相手企業の社長や経理担当者との人間関係にも大きく左右されるでしょう。

また、買掛先企業にとっても、御社に大しての売掛金が入金されないと資金繰りが悪化してしまう可能性もあります。そのため、人間関係だけではなく相手先企業の財務状況にも影響をうけます。

そのため、買掛金が支払うのが難しい状況になった理由や、銀行借入の交渉経緯などの結果資金調達が難しかったことなどを、買掛先企業に誠心誠意説明するべきです。

そうすれば受け入れてくれる買掛先企業もいらっしゃる可能性が高くなります。また、「買掛金が支払えないから支払保留をしたい」という相談を弁護士にした人の事例を調べたところ、以下の様な回答をされていらっしゃる弁護士もいました。

質問者:経営不振で買掛金が払えないのですが弁護士に依頼して分割払いを調停してもらえますか?について教えてください。よろしくお願いします。

回答者:貴社と相手先との分割支払等の話し合いは行ったのでしょうか?任意の話し合いであれば弁護士が直接行うのは相手の感情を損なう場合があります。話し合いの席に弁護士を同席させる程度です。

質問者:話し会いましたが、不調に終わっています。相手様が理論的ではなく…感情的になっている部分がありまして… ですので、弁護士さんに、ご依頼出来ればと考えております。

回答者:それであれば事前に弁護士へ状況、返済案等を説明し、且つ相手方に弁護士が返済協議を委任したことを通知して協議を行えばいいのではないでしょうか。どのような理由にしろ返済条件の変更を「お願い」する立場であることを忘れないように協議することです。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10141852005

非常に参考になると感じましたので、引用させていただきました。

買掛金を支払えない経緯や、今後支払うペースなどについて誠心誠意説明をする必要があります。場合によっては弁護士に相談をした方が良さそうですね。

売掛金があるならファクタリングを活用する

9f3c73c5eea6696be3e20f81a93a22c4_s

買掛金の支払保留というのは御社にとって信用をなくしてしまう行為になりかねません。商売をする上で、今まで積み上げてきた信用を失うことは非常に怖いことです。

そのため、出来れば買掛先企業に迷惑をかけない方法を検討する必要があります。まずは、迷惑をかけない方法を考えたいところです。

そこで、ファクタリングを活用することをご提案します。

ファクタリングとは売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。売掛債権が毎月安定的に発生する企業は活用できます。

しかし、ファクタリング会社には悪徳業者もいるようです。そのような悪徳業者をさけるためにはファクタリング会社を紹介してくれるサービスの活用を検討してみても良さそうです。

また、ファクタリングはそもそも借り入れではありません。主な審査対象は売掛先企業です。そのため、銀行融資を断られた場合でも審査が通過する可能性は高くなります。

※ファクタリングについて詳しく知りたい方は下記動画を御覧頂けたら幸いです。

動画内でもご説明している信頼できるサイトは「資金調達プロ」というサイトです。無料でファクタリングが利用できるか診断してくれます。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s 10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

買掛金が支払えないという状況で、また銀行融資やビジネスローンを断られたという方にとって、ファクタリングは非常に有効な資金調達方法です。

資金調達でお困りの方のお役に立てたら幸いです。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ