運転資金が足りない時に最適な資金調達方法について解説

運転資金の必要性が毎月発生する業種の経営者の方の中で資金繰りに悩まされていらっしゃる方も多くいらっしゃるかもしれません。

資金繰りに悩む経営者の方にとって、なるべく多くの資金調達方法を知っておきたいもの。今回は運転資金が足りない時に最適な資金調達方法として、銀行融資・ビジネスローン・ファクタリングをご紹介させていただきます。

運転資金が足りない!そんな時に考えるべきこと

0d76f901f97f1117b6e87e9b9b5958e6_s

運転資金が足りない時にはある意味反省しなければいけない点があるのかもしれません。私が会社を経営していた時に、時々運転資金が不足しがちになる時があるのですが、その経験を少しお伝え出来ればと思います。

運転資金が不足する理由は、売上減少、無駄な経費の増加、売掛債権の回収不能、予測不能な出費などです。

会社を経営していると、今まで長いお付き合いがあった会社との縁が切れ、毎月上がっていた売上が減少することや、入金される予定のお金が売掛先の都合で遅れてしまうというアクシデントがあります。

そういった時に資金繰りが悪化します。今までは支払いと入金のバランスがよく回っていたお金も、突然お金が足りなくてどうしよう・・・という状況に追い込まれてしまう可能性があるのです。

運転資金が足りない時こそ、今までの会社経営が健全にできていたのか経営者として反省するタイミングなのかもしれません(自戒も含めてですが・・・)。

運転資金が足りない時の対処方法

前置きが長くなりました。

従業員の給料日を遅らせてもらう、仕入れ資金の支払い日を遅らせてもらう、売掛金を早く入金してもらう、などの対策をしてでも、運転資金が足りない時があるでしょう。

そういう時は、冒頭にご紹介したように①銀行融資→②ビジネスローン→③ファクタリングという順序で資金調達を考えましょう。

まずは銀行融資から

5bbdc48c6d123d48eb3c842d9ed92be1_s
銀行融資で運転資金を借り入れするパターンは手形貸付が一般的です。手形貸付とは借り主が約束手形を銀行に振り出し、銀行は借り主に利息を差し引いた金額を貸し付ける手法です。

一般的には運転資金・賞与資金・納税資金などを調達する際に手形貸付は活用されます。ただし、注意が必要なのはこの手法を活用できる企業はある程度信用度が高い企業に限定される点です。

手形貸付は証書貸付と比較すると短期間なので回収リスクが低いとも言われています。

しかし、手形貸付は今後入金されるその借り主にとっての売掛金が入金されることで銀行に返済されますので、売掛先企業の財務状況によってはリスクが高いものでもあります。

以上のような理由で、私が銀行に勤務していた時期などでも手形貸付を利用する会社はある程度の信用度が高い傾向にあったように記憶しています。もし運転資金が足りない状況であったとしても、短期間のうちにほぼほぼ確実に入金される売掛金があれば銀行に相談してみてください。

ただし、審査期間が2週間程度は必要になりますので注意してください。

銀行融資が断られたり、間に合わない場合はその他の資金調達方法を検討

仮に銀行の審査の期間が待てなくて、運転資金が足りないという経営者の方は違う資金調達方法を検討しましょう。

私がオススメしている資金調達方法はビジネスローンとファクタリングです。

ビジネスローンはノンバンクからの借り入れとなります。商品の中には45日間は無利息で資金調達出来るビジネスローンもあります。

そのため、45日間もあれば売掛金が現金として入金されるまでに十分な期間である業種の方もいらっしゃるでしょう。

icon-arrow3-b-s 最短1日の審査で翌日資金調達できるビジネスローン

このビジネスローンに仮に断られてしまったら、違う方法を考えなければいけません。ビジネスローンの審査に断られてしまうという場合は、御社の決算内容が芳しくなかった可能性が考えられます。

そのため、審査が厳しくなってしまう資金調達ではなく、緩い審査の方法が望ましいでしょう。運転資金の調達ということも含め、ファクタリングが最適でしょう。

ファクタリングはそもそも借り入れではありません。主な審査対象は売掛先です。詳しくは下記動画を御覧頂けたら幸いです。

動画内でもご説明している信頼できるサイトは「資金調達プロ」というサイトです。無料でファクタリングが利用できるか診断してくれます。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s 10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

運転資金が足りないことで悩まれていらっしゃる経営者の方にとって有益な情報となれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ