運転資金の即日融資を希望する時のおすすめ運転資金調達方法

運転資金が突然その日のうちに必要になった場合、経営者として非常に焦った気持ちになると思います。

運転資金の即日融資がどうしても必要な際におすすめの資金調達方法についてご説明します。

運転資金が今すぐ必要な時は銀行との当座貸越契約を確認

ff65caa8a15dfdb1c2f46f05db30cff7_s

まずは、最初のステップとしては銀行からの融資を検討しましょう。即日でも銀行から運転資金を調達する方法はあります。その方法とは当座貸越契約をしている場合です。

当座貸越契約とは、個人を例にするとカードローンの枠のようなものです。個人がカードローンの契約をしておけば、その枠の金額の範囲内で借り入れをすることが出来ます。

当座貸越契約は個人向けカードローンのようにカードが発行されるわけではありません(中にはカードが発行されない個人向けローンもあるようですが)。銀行と法人が契約をして枠が設定されます。

その枠を設定するためには銀行に不動産等の担保の提供をするケースなども出てきます。晴れて当座貸越契約が出来ればその企業にとっては資金繰りが悪化した時にいつでも借り入れが出来るので、仮に資金調達をしなかったとしても非常に重宝します。

ただし、即日で当座貸越契約は出来ません。1週間~2週間程度の十分な期間で審査が行われます。

一定期間無利息なビジネスローンで資金不足を一時的にしのぐ方法も

即日融資ではなく最短1日ですが、運転資金を融資してくれるビジネスローンがあります。特徴としてはキャンペーン期間限定ではありますが45日無利息という点です。

運転資金ですので、45日以内に売上金が入金される方もいらっしゃるかと思います。そのような方は最短1日の審査で翌日融資可能なローンを検討されるのも手段の一つではないでしょうか。

icon-arrow3-b-s 最短1日の審査で翌日資金調達できるビジネスローン

ビジネスローンで断られてしまいそうな方はファクタリングで運転資金を即日調達

最後にご紹介するのはファクタリングです。ファクタリングとは売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達する方法です。

※ファクタリングにご興味がある方は以下説明動画をご覧ください。

聞き慣れない資金調達方法かもしれませんが、経済産業省もその有効性を認めている金融手法です。

運転資金の即日融資を希望されている経営者の方にはピッタリです。まずは無料でファクタリングが利用できるかどうか診断してくれるサイトがありますので、是非ご活用ください。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

最後に

運転資金を即日融資してもらうことに御社が成功することをお祈りしています。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ