売掛債権はファクタリング利用時にどのくらいの額必要?

資金調達に悩まれる経営者の方は多いかと思います。

以前、サラリーマンは人間関係に悩み、経営者は資金繰りに悩むという話を聞いたことがあります。どちらも経験している私にとって、非常に納得できる話でした。

そんな資金繰りに悩む方で銀行融資取引を継続出来る方はまだ安心ではないでしょうか。しかし、そういう状況がずっと続くわけではありません。銀行からの資金調達が厳しくなった場合にファクタリングを活用される企業もあります。

そんなファクタリング利用時に売掛債権の額はどのくらい必要なのかお伝えします。

そもそもファクタリングってどういう資金調達方法?

記事をご覧の方の中にファクタリングをご存知ではない方もいらっしゃるかもしれません。簡単にお伝えすると、売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達をする方法です。

詳しくは下記動画をごらんいただけたらお分かりいただけるかと思います。

ファクタリングについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧頂いております。

→ http://xn--3kq486dfsxoyb51gjrc.jp/archives/322

ファクタリング会社によって売掛債権の金額は異なる

ファクタリングを利用するためにどのくらい売掛債権額が必要か、実はファクタリング会社によって異なります。具体的な例は以下の表をご覧ください。

ファクタリング大手一覧
上記表はファクタリング会社10社の比較表です。具体的な内容を知りたい方はこちらの記事をご覧頂いております。

金額としては30万円から申し込みできる会社や50万円から申し込み出来る会社など様々です。要はファクタリング会社によって売掛債権の額が異なるのです。最低でも30万円は売掛債権額がないと申し込みは厳しいという認識をお持ちいただけたらと思います。

売掛債権としてみなされるのは売掛金や受取手形以外にもある?

御社の決算資料を確認されて、売掛金や受取手形の合計金額が30万円や50万円に満たない場合もあるのではないでしょうか。そういった時、「もうファクタリングの申し込みは難しそうだ」と諦めるには早いかもしれません。

実は、クレジットカード債権や信販の割賦債権なども売掛債権として認められます。そのため、クレジットカード決済で取引をしている場合でもファクタリングを活用できますので安心してください。

ファクタリングで良い取引をするポイントは業者選び

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s
売掛債権は最低でも30万円が必要なことについてご説明しました。

金額以外についても売掛先企業に通知したくない事等、様々な件について柔軟に相談にのってくれるようなファクタリング会社とお付き合いしたいものです。

ちなみに、ファクタリングのサービスを行っている会社は貸金業者ではありません。何故なら、ファクタリングは借入ではないからです。そのため、業者の中には悪徳業者もいます。

そういった業者を避けて、良いファクタリング会社と取引をすることがこの取引にとって非常に重要なポイントです。そのために「資金調達プロ」というサイトをご紹介します。

1万社の利用実績があり、1,000社を超えるファクタリング会社と提携している全国1位のファクタリング紹介サイトです。無料でファクタリングを利用できるかどうか10秒ほどの入力で確認できます。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

ファクタリングを利用する際に売掛債権がどのくらいの金額必要なのかご説明しました。御社の資金繰りが改善されることをお祈りしています。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ