売掛金と買掛金のギャップを埋める最適な方法とは?

仕入れをするために多くの資金が必要な商売をされていらっしゃる経営者の方もいるのではないでしょうか。工期が長期間にわたる建設業や製造業の方などです。

そのような方ビジネスを展開されている方は売掛金と買掛金のギャップが生じます。仕入れ資金は先に必要なのに、入金されるまでにはある程度の期間が必要なのです。つまり、運転資金が必要になるのです。そのような方は資金繰りに苦しまれるケースが多いため、銀行からの借入をされるケースが多いです。

銀行から資金調達を断られてしまった場合にどのような資金調達方法が最適なのかをお伝えします。

売掛金が増えすぎると資金繰りが悪くなる

e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_s

売掛金は売上は計上されているものの現金として入金がされていない資産のことです。受取手形なども同様です。一見資産が増えるのが良いことですが、この売掛金が増えすぎると資金繰りが悪くなります。

仮に現金だけでの取引をしていれば、売上が計上された瞬間に手元にすぐに入金されます。そうすれば現金が足りなくなるという事態にはなりません。

しかし、売掛金や受取手形として計上されてしまえば、売上が計上されてから入金されるまでにある程度の期間のギャップが生じます。そのため、仕入れのためにはお金がすぐに必要であるのにも関わらず、入金は先延ばしになっていれば資金繰りが悪化し、資金不足になってしまいます。

売掛金が増えすぎるだけではなく、入金されるまでの期間が長くなればなおさら資金繰りは悪化します。入金されるまでの期間が長期間であったものの、それが短期間になれば資金繰りは改善されます。

その理由は売掛金が資金化されるまでの期間が短くなり、手元に現金が以前よりも早く入金されるからです。

買掛金を増やすと資金繰りは改善される?

一方で、買掛金が少なすぎる場合、資金繰りは悪化した状態になります。もちろん商流によるのでなんとも言えない部分はあります。ただ、原料を仕入れて商品にして販売しているビジネスをされている場合、買掛金が少なすぎるというのはあまり良くありません。

買掛金が多いと資金繰りが改善されるには理由があります。買掛金は負債なので、逆説的に感じてしまいますが、理由は簡単です。クレジットカードで支払う時のことを想像していただけたら、容易に想像できます。

クレジットカードを利用すると、手元のキャッシュを使わずに買い物が出来ます(しかし、その分支払いは翌月や翌々月のクレジットカード引き落とし日に支払います)。これは原材料は仕入れたものの現金で支払っていない状況であり、買掛金が増えた状況と似ています。

ちなみに、お給料はある意味売掛金に似ています。お給料は労働の対価ですが、働いて毎日毎日給料日という方はほとんどいらっしゃらないと思います。月末締めで翌月払いとかが多いでしょう。

買掛金は売掛金よりかは少ない方が良いです。お給料よりもクレジットカード引き落とし金額が多いと困りますよね。

買掛金と売掛金のギャップの埋め方

0d8ee6c371902d77196ab3bc4c976bd8_s

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。買掛金と売掛金のギャップが広がりすぎて、売掛金が非常に多くあり、買掛金が少なくなってしまえば資金が必要になります。

そのギャップを埋める方法は色々とあります。項目毎にご説明します。

1.売掛金取引から現金取引へと変更してもらう

売掛金取引から現金取引へ変更してもらう交渉を売掛先企業にして、仮に上手く行けば、今まで入金が遅かった売上がすぐに現金として入金されることになります。

そうすれば自ずと現金不足が解消されます。

2.売掛金が入金されるまでの期間を短くしてもらう

売掛金が入金されるまでの期間が今まで2ヶ月かかっていたのを1ヶ月に短縮出来れば、資金繰りが改善されます。

3.買掛金を支払うまでの期間を長くしてもらう

買掛金を支払う期間が長くなれば、資金を支払うまでの期間が長くなり、資金繰りは良くなります。

4.運転資金を調達する

運転資金を銀行などの金融機関から調達出来れば、資金繰りは改善されます。しかし、業績が悪化して銀行からの融資が受けられる状況がずっと続くとは限りませんので、1~3までの交渉を売掛先や買掛先などへ根気強く行う必要はあります。

5.ファクタリングを活用する

運転資金を銀行から調達出来る状況が継続しているのであれば銀行との取引を継続しましょう。しかし、業績が悪化していつでも銀行融資を受けられるわけではありません。

運転資金の融資を銀行から断られてしまった場合はファクタリングの活用を検討してみるのも手段の一つです。ファクタリングとは「売掛債権を買い取ってもらって現金化する資金調達方法」です。

※ファクタリングについて興味がある方はこちらの記事をご覧いただいています → ファクタリングとは?図解で簡単にわかりやすく説明します

最後に

売掛金と買掛金のギャップで資金繰りが悪化されていらっしゃる方は、今回お伝えした方法を活用されてみてください。

もしファクタリングにご興味がある方は、資金調達プロというサイトを活用されてみてください。今まで1万社が利用した実績があるファクタリング会社紹介サイトです。

無料で信頼できて安心なファクタリング会社を紹介してくれます。

そもそも無料ですので、試してみるのも悪くないかと思います。

icon-arrow3-b-s  10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。御社の資金繰りが改善されたら幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ