資金ショートした場合にファクタリングは有効です

資金ショートした場合、ファクタリングがどの程度有効なのかについてご説明します。お金が足りなくなった場合の事を「資金ショート」と言いますが、やはりお金が足りなくなる原因を明確化することが会社を経営する上で必要不可欠です・・・。

色々な打ち手を講じたとしても資金不足になってしまった場合に、ファクタリングをどのように有効活用するかご説明させていただきます。

ファクタリングについて

まず、ファクタリングがどのような資金調達手法であるかご存知でいらっしゃらない方のために簡単にご説明します(ご存知の方はすっ飛ばしてください)。ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、現金化をして資金調達する方法です。

受取手形や売掛金などのバランスシート上で言う「流動資産」を現金化出来るため、貸借対照表で流動資産を多く保有する法人が利用するケースが多いようです。具体的に利用する業種は建設業や製造業、設備メンテナンス業の方が多く、やはりどの業種を見ても、100万円前後の流動資産がありがちなケースが多いです。

銀行やノンバンクなどに資金調達のための審査を受けた場合、かなり早くても2周間程度の期間を要しますが、ファクタリングの場合は即日資金調達が出来る場合もあります。本当に今すぐ資金が必要で困った場合は、十分検討に値する資金調達手法です。

資金ショートするとのどのような場合なのか

資金ショートとはどのような場合に発生するものなのでしょうか。私が経営者としてまた元銀行員として様々な経営者の方から聞いたその一例をご紹介します。

・取引先が倒産してしまい、入ってくるはずだった売上が入金されないケース
・従業員がお金を持ち逃げしてしまったケース
・損害賠償請求をされて裁判の結果敗訴し、損害賠償をすることになったケース

以上のようなイレギュラーなケースはあります。一般的な資金ショートとなる状況は以下が挙げられるでしょう。

・売掛金や受取手形などの流動資産が慢性的に買掛金や支払手形などの流動負債よりも多い
・現金商売ではない

経営者たる者、やはり未然に資金不足になる可能性を下げながらある程度潤沢な資金を銀行口座に滞留させておきたいものです。そのためには、慢性的な資金不足を回避するために出来うる限りの対処をしておきましょう。

対処法としては、今まで売掛金となっていた売上を現金でのやり取りにすることや、倒産する可能性がありそうな取引先との取引を縮小させることなどが考えられます。余談になりますが、取引先を絞りすぎることは非常に危険なので、大口先からの売上の比率を10%程度にするような(言うは易く行うは難しですが)新規開拓を日々行うことも肝要です。

資金ショート時はファクタリングの利用を

仮に、今まさに資金ショートしそうだという場合で、かつ売掛金や受取手形などの売掛金があられる法人様はファクタリングの利用を検討されてみて下さい。デメリットとしては、ファクタリング会社へ支払う手数料が5~20%程度必要になる点です。
銀行からの融資の場合は金利が非常に高くても3%前後であることを考えても、ファクタリングの手数料はちょっと高いかと思いますので、その点が構わないという方は検討されてみて下さいね。

終わりに

御社に最適なファクタリング会社を無料で紹介してくれる「資金調達プロ」というサイトをご紹介します。

もし、ファクタリングを活用する予定の方は必ずチェックして下さい。残念ながら、まだファクタリング会社の中には悪徳業者と言われる会社があります。「資金調達プロ」を活用することで、そんな悪徳業者を避けることができます。

既に1万社以上が利用した実績があるサイトなので安心です。また、全国1,000社を超えるファクタリング会社と提携しているため、御社に最適なファクタリング会社を紹介してくれます。

サイトで10秒ほどの入力をすればファクタリングを利用できるかどうかの無料診断が完了します。

そして、無料診断の入力完了後、「資金調達プロ」のサポートセンタースタッフから電話でヒアリングがあり、もしファクタリングが利用できるのであれば、御社に最適なファクタリング会社を紹介してもらえます。

ご興味があれば、下記広告リンクをクリックして資金繰りを改善される一歩を進めてみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。御社の資金調達が上手くいくことをお祈りしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ