資金ショートした場合の対策方法とは?

資金ショートという意味は「資金不足になる」という意味です。シャープが倒産するかもしれないといった報道がされた時や、与沢翼が自己破産するといった情報が出た時に度々登場してきた言葉です。

そういった資金ショートした場合の対策方法についてお伝えさせていただきたいと思います。

資金ショートに陥ってしまう理由

まずは、資金ショートに陥ってしまう理由について、ケース別でご説明します。

1.入金が後、支払いが先

製造業の方が代表ですが、原料の仕入れのためにお金を支払い、その後製造して販売するビジネスモデル。この場合は、資金が不足してしまいがちです。製造して販売をしてやっと現金が入金してくるのですが、それまでに原料の仕入れ代の他に人件費や維持管理費がかかってしまいます。

入金が後、支払いが先というビジネスモデルの方は十分注意をしなければいけません。可能であれば、入金が先で支払いが後のような条件で取引が出来れば資金不足に陥ることはないでしょう。

2.急な支払いが発生

自社の製品・サービスが理由で損害賠償請求などが起こってしまった場合、急な支払いが発生する場合も想定されます。

他にも、税金の支払いの準備もしておくべきです。「こんなに税金を払わなければいけないと思っていなかった・・・」というような税金を払えないような状況がないよう、税理士さんなどにちゃんと相談しておくべきです。

以上のような場合、資金ショートに陥ってしまうことが考えられます。

対策としては急な資金の必要性に対応できるような資金調達をしたり、ビジネスが順調な状況の時に当座貸越契約(個人でいえばクレジットカード枠のようなもの)を銀行とするように働きかけるなどの対策をしておくべきでしょう。

対策方法は

少し対策方法については既にお伝えしましたが、事前の準備に関するものばかりをお伝えしたので「事前にすべきことを言われても・・・」と思われる方も多くいらっしゃるかもしれません。

事業資金調達.jpがご提案する方法は違う資金調達方法です。中でも、「ファクタリング」という資金調達方法をご提案します。

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達をする方法のことです。売掛債権が多くて資金不足に悩んでいる方にとっては有効な手段となります。

また、早ければ即日入金も可能ですので、急な資金ショートにも対応が出来ます。ご興味がある方は、以下の関連記事をご覧いただければ幸いです。

関連記事:ファクタリングの仕組みや申し込みから入金までの流れについて

お金が足りなくなってしまうには様々な原因があります。事業を営んでいる方にとっては、お金が先に入ってくるようなビジネスモデルにしなければいけませんし、色々な事前の対応策を考えていくべきでしょう。

おわりに

もし、ファクタリングを活用して資金ショートを解消することにご興味がある方は、無料でファクタリング会社を紹介してくれる「資金調達プロ」というサイトをご案内させてください。

既に1万社以上がそのサイトを利用した実績があるので安心できます。また、全国1,000社を超えるファクタリング会社と提携をしているため、御社に最適なファクタリング会社が見つかる可能性が非常に高いです。

サイトでたった10秒ほどの簡単な入力をすれば、ファクタリングが利用できるかどうかの無料診断が完了します。その後、「資金調達プロ」のサポートセンタースタッフから電話でヒアリングがあり、もしファクタリングが利用できれば、御社に最適なファクタリング会社を無料で紹介してもらえます。

ご興味があれば下記広告をクリックしてみてください。

御社の資金調達が成功することをお祈りします。最後までお読みいただきありがとうございました。

2 Responses to “資金ショートした場合の対策方法とは?”

  1. 即日融資 より:

    緊急に必要なキャッシングは、対応してくれるクレジット会社をしっかりと選択して活用したほうが良いです。業態的に消費者金融などたくさんあります。これらは利用者の収入の状態などで違いがありますが、借入を利用する場合は、業者の信用度などを考えて決定するべきです。

  2. いきなりのコメントで失礼します。冠婚葬祭とかって急にやって来るのでお金がないと大変ですよね。わたしも独り身の時には通常の残高がなくって、あるあるで給料前の月末なんかはしんどいですよ。でもみんなあれこれ言いますがけっきょく消費者金融のキャッシングサービスがあればかなり助かるんですよね。以前は結構業界が叩かれたのでかつてほどイメージも悪く無いですし、実際に社会の監視もキツイのでサービスもいいしクリーンそのもの。ありきたりですが計画性を持って使用すればいいんだと思います。あとはしっかりお給料もらって返済していけばいい話です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ